菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2008年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「atelier 303」は2011年12月24日に閉店しました。

e0146912_1141829.jpgみなとみらい線馬車道駅6番出口より徒歩0分、1階にギャラリーがある萬国貿易ビルの3階に、小さな骨董屋さん「atelier 303」があります。古いビルの一室、とても小さなお店ですが、オーナーさんのなんとも心地よい感性に溢れた、素敵な空間です(写真左)。

扱っている骨董品は昭和初期の食器や小物、古い椅子など。他にスウェーデンの「ティーハンデル」の紅茶、ガーゼのような手触りの手織りのカシミアのストール等も販売しています。「ティーハンデル」の紅茶を販売しているのは、横浜ではここのみ!とても美味しい紅茶で、紅茶党のはらぺこラッコのお気に入りです。
先日お店にうかがった際は、「ティーハンデe0146912_160630.jpgル」から季節限定のさくら色の紅茶缶がお店に届いたばかりでした。(写真一番下)ちょうど紅茶用の茶筒があったら良いのに・・・と思った矢先だったので、早速紅茶缶2種を購入。デザインも素敵なので、大満足!

尚、「atelier 303」の営業は木曜日・金曜日・土曜日の13:00~17:00のみ!ご来店される時はくれぐれもご注意ください。

ここ5,6年の間に、馬車道や関内界隈の古いビルに「atelier 303」のようなアトリエやセレクトショップ、カフェ等が入居するようになってきました。馬車道駅界隈をぶらぶら散歩して、そういう店を探すのも楽しいですよ!
ちなみに同じビルの2階には、「mamius(マe0146912_16462611.jpgミウス)」という服のショップがあり、流行に左右されず、長く着ることのできる、オリジナルデザインの洋服や小物を扱っています。外国製の品質の良いリネンを使ったブラウスやワンピースはとても素敵。

「atelier 303」は2011年12月24日に閉店しました。
「atelier 303」
住所 横浜市中区北仲通り4-49 萬国貿易ビル303
営業 木曜日・金曜日・土曜日 13:00~17:00
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-30 16:52 | 雑貨、セレクトショップ等
e0146912_19122454.jpg再び、キュービックプラザに行ってきました。今回は隠れた名店を発掘!最後まで読んでくださいね。

プレオープンの際に、ワインショップ「エノテカ」の店員さんからテイスティングセミナーに誘われ、それに参加するために再訪しました。試飲できて無料!(主婦は「無料」に弱いのだ・・・)おまけに来店するワイナリー責任者のフェラガモ氏はイケメン(!!)という店員さんの殺し文句に、参加予約をしてしまいました(笑)。
イベントは大盛況!はらぺこラッコは購入したワインにフェラガモ氏にサインをいただき、ツーショットの写真も撮り(ミーハー!)、イベントを満悦。おばさんパワー炸裂ですね。e0146912_1925949.jpg購入した「2004 IL BORRO(イル・ボッロ)」はとてもエレガントなワイン。ワイナリー名と同じ名をつけるだけのことはあります。試飲した「2004 POLISSENA」、「2005 PIAN DI NOVA」もとても美味しいワインでした。「エノテカ」さん、素敵なイベントありがとうございました。(上の写真はワインにサインするフェラガモ氏。ハンサムな上に、気さくな紳士!)
イベント終了後、息子と10階「BRASSERIE LA CLASSE サロン・ド・テ(アトリウム)」でお茶。ここの吹き抜けの開放感は心地良いな~、いい感じで外光が入ってくるし、気に入りました。

e0146912_23122020.jpgカフェオレで一息ついた後は、ビル内をぶらぶらショッピング。
5階「MARKS & WEB」でハーバルハンドソープの詰め替えとリップクリームを購入。はらぺこラッコはハーブの香りが自然なここの製品がお気に入り。尚、「ららぽーと横浜」等にも出店してます。

e0146912_19235942.jpg1階「GRAND SHOP SHIN-YOKOHAMA(Kiosk)」では、はらぺこラッコお気に入りの一品に出会うことができました!林檎の和風グラッセ、「特選 薄紅(うすくれない)」というお菓子です(写真左)。輪切りにした林檎をそのままお菓子にするという見た目のインパクトと、材料の「紅玉」の甘酸っぱさが残る素朴な味わいが、ママラッコのツボにはまりました。日本茶にも紅茶にも合う、ノーボーダーなところも○。この他にも、青森特産ふじ林檎を使ったアップルコンポート赤ワイン煮「ふじ林檎」(1瓶で2.5個分の林檎が入っているそうです!)等、魅力的な商品がありました。
なぜかこのショップは「GRAND SHOP」のガイドには店名が記載されておりません。でも期間限定の出店というわけでもなく、青森の「おきな屋」が「OKINAYA YOKOHAMA PRODUCE」として新横浜限定のお菓子も含めて出店したとのこと。青森産のお菓子がなぜ横浜土産に?という素朴な疑問は残りますが、美味しく、物珍しければ気の利いた“お土産”になりますものね!
お店は「京樽」のむかいにあります。是非のぞいてみてください。
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-28 00:46 | その他
e0146912_1683677.jpg数日前に我が家のポストに、「キュービックプラザ」のプレオープンのご招待状が。せっかくのご招待状、オープン前日に行ってまいりました!!はらぺこラッコの好奇心や感性に響いたショップを何軒かご紹介いたします。
このビルの見どころは10階のアトリウム!大きな吹き抜けとパリの街角を彷彿させるカフェが、とてもお洒落な空間をつくってます(一番上の写真)。カフェは居心地が良く、テイクアウトもできe0146912_1659153.jpgるパンやサンドイッチは美味。待ちあわせもここだったら、苦にならないかもしれません。
9,10階のレストランは個室のあるお店が多く、接待や家族利用に便利そう。特に9階の「焼肉トラジ 園」は掘りごたつの和室、洋室の個室(2番目の写真)が複数ある上に、テーブル席も大きな窓に面して階段状になっているので、隣のテーブルを気にすることなくお食事が楽しめそうで好感が持てました。横に並んで座るカップル席もありましたよ(笑)。
ショッピングセンターには初出店で注目を集めている「洋食キムラ」(9階)は、なんと野毛店を臨時休業して(!)、今回の開業に対応されてるそうです。キムラ、頑張e0146912_16574142.jpgれ~!!お店の入口は看板メニューをディスプレイしたモダンな造り(3番目の写真)で、ちょっとびっくり。
ファッション関係のショップで一番うれしかったのは、「Marca YOKOHAMA」。以前から新横浜駅にお店があったのですが、今回は5階にお引越し。横浜スカーフの最大手の㈱丸加の直営ショップで、とても素敵なスカーフや小物を扱っているお店です。スカーフというと、○ルメスなど外国e0146912_1821334.jpgブランドをイメージされる方が多いですが、横浜スカーフは世界に知られた高級ブランド!海外では立派なお土産品として通用するんですよ~。
以前こちらで購入したストールは、身につけていると「どこで買ったの?」と必ず聞かれる自慢一品。今日は和装、洋装どちらでも合う桜染めのストールにため息・・・(4番目の写真)。日本製スカーフならではの繊細さ、色合いの美しさをこのショップで是非確かめください。
新横浜に「駅上のデパ地下」と話題になっているのは、3・4階の「フードメゾン 高島屋」(写真一番下)。黒を基調としたシックな内装で、他のフロアとは違っe0146912_1843033.jpgた雰囲気を醸し出していました。はらぺこラッコはこちらの「華正樓」のイートインでランチ。オープン記念特別メニューの「海鮮中華麺」は893円(写真左)、大変美味しくいただきました!「華正樓」のショップはデパート等でよく見かけますが、イートインはこの店舗が初めてだそうです。この他にイートインは7店、どこも美味しそうでした。
はらぺこラッコのツボにはまったお店は、常設では初出店の「横浜中華点心 磯子カンツリークラブ」(フードメゾン3階)。ゴルフ好きのおじ様には有名なんですよ、「磯子カントリーのシュウマイ」。新横浜駅で購入できるなら、関西方面への土産はこれで決まり。
日本発出店の「Art de Pain(アール・ドゥ・パン)」のクロワe0146912_1836288.jpgッサンの試食に舌鼓を打ち、「塩干物 魚小路」でめずらしい“のどくろ”の干物を購入、「ワイン ショップ エノテカ」で試飲・・・、とプレオープン楽しませていただきました。
今週中に再訪し、それもブログで報告したいと思います。また当ブログにお立ち寄りくださいませ。


「キュービックプラザ」
住所 横浜市港北区新横浜2-100-45
電話 045-478-2722(代)
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-25 18:39 | その他
2013年9月に閉店されました
e0146912_0444534.jpg妙蓮寺駅より徒歩1,2分、商店街の中にある小さなカフェ「莢(さや)」
ナチュラルテイストの洒落た雰囲気のお店ですが、お客様の年齢層はとても広く、常連さんにはご年配の方もずいぶんいらっしゃるようです。
私が昼にランチセットを食べに行った時は、右に可愛らしいお嬢さん、左におじいさんが1人、なんてこともありました。皆さん、それぞれにリラックスして、お店でのひとときを楽しんでいる様子。懐の深~いお店なんだなぁ。
ランチセットは何種類かありますが、おにぎり+パスタorうどん+サラダ+コーヒーor紅茶or緑茶or蕎麦茶で700円也(2008年4月時点)。写真はパスタセット。パスタは小さめのサイズです。おにぎりのランチセット(おにぎり2個+玉子焼き+味噌汁+飲み物)は500円。お店は喫煙OKなので、席の巡り合わせが悪いと、禁煙者には辛い状況になることもあるのでご注意ください。

はらぺこラッコはカフェ利用より、お店の自家製おにぎりを買って帰ることが多いです。スタッフが手作りするおにぎりは、無添加でなかなか美味しく、私にとってこの店は「おにぎり屋」さんでもあります(笑)。尚、この店の「おにぎり」には保存料が入っていないので、テイクアウトされたら2,3時間内に食べてくださいね。

2013年9月に閉店されました
「カフェ莢(さや)」:
住所 横浜市港北区菊名1-7-2
 ※こちらの住所から徒歩1分のところにお引越しをしました。
   新店舗の詳細については下記ブログをご参照ください。
「妙蓮寺の「カフェ sa-莢-ya」がお引越! 【カフェ sa-莢-ya】 (2009年2月12日)」

電話 045-402-2004
定休 日曜、祝日
営業時間 平日 9時~17時
       土曜11時~15時
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-24 00:45 | レストラン、飲食店(横浜)
e0146912_13482582.jpg今回は東横線からちょっと離れた店をご紹介します。
このお店との出会いは10数年前。当時は「ビシバシ」というスパゲッティ屋で、おじさんが厨房に立ってましたが、数年前に店を建て替え、とてもお洒落なトラットリアに変身!厨房も先代から息子さんにバトンタッチし、メニューバリエーションが増えました。でもパスタのみ注文するお客様は多く、地元ではスパゲッティ屋としての定着しているようです。
e0146912_122168.jpgしかし!ここはパスタ以外のお料理も美味しい。店名に「トラットリア」をつけただけのことはあって、前菜、メイン等のメニューは必ず数種類は設定されています。また、ボトルワインの価格設定が良心的で、好感度高し。(ただしワインの種類は少ない。)
味は本格的イタリア料理ではなく、日本人の舌にあうように多少アレンジされたものですが、横浜の下町で営むイタリアン、先代のe0146912_1337318.jpg味を好んでいらっしゃるお客様も多いので、いたしかたないですね。ワインを飲みながら、家族でわいわいやりながら、前菜からひと通り、皆で料理を取り分けて楽しませていただいております。
写真は真ん中がパルマ産生ハム等が入った、イタリア産ハム盛り合わせ、下はつくば鶏の香草焼き。
横浜市営地下鉄ブルーライン「蒔田」駅より徒歩1分。近くにおいでの際は、立ち寄られてはいかが?

「トラットリア ビシバシ」:
住所 横浜市南区宮元町3丁目51-8
電話 045-742-9400
定休 月曜日
営業時間 11時~ ラストオーダー21時
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-21 14:32 | レストラン、飲食店(横浜)
e0146912_1984245.jpg本日、息子の通う小学校は卒業式のため、9時10分には終了。息子と小学校で待ち合わせ、2人で映画を見に行きました。息子とデートです!
10時からの上映も楽勝で間に合い、12時15分には映画館を出ました。前日から中華街でお昼を食べる約束をしてましたので、中華街の「菜香新館」でランチ。2人でもいろんな料理を楽しみたいと思い、飲茶ならいいかな、と。菜香は中華街では、飲茶をずいぶんと早くからはじめたお店です(一番目ではないらしいですが・・・)。みなとみらい線「元町・中華街」駅より徒歩3分。
五目炒飯の他、点心で海老揚げギョーザ、ふかひれ焼売、大根餅、デザートに特製杏仁豆腐を注文しました。どれも美味しかったですが、特に印象的だったのが、海老揚げギョーザ。海老ぎっしりで、触感はぷりぷり、とても食べ応えのある一品でした。
e0146912_19213638.jpgお腹が空いていたので、他の店をほとんどみないまま菜香にしましたが、中華街の他の店ではとてもお得なランチが沢山ありました。中華街をチープに楽しむなら、平日がお薦めです。

「菜香新館」:
住  所  横浜市中区山下町192
電  話  045-664-3155
定休日   第2火曜日(祭日の場合営業)
       12月31日、1月1日
       *8・12月は営業
営業時間  11:30 ~ 21:30
       *土日祭日は11:00より営業
       *ラストオーダーは21:00
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-19 19:33 | レストラン、飲食店(横浜)
e0146912_20534916.jpg以前お取り寄せが趣味とこのブログで書きましたが、香川より取り寄せた無農薬国産レモン(傷あり)5キロ、どうやって食べたらよいか・・・、頭を抱えました。5キロって思っていたより大量・・・。
レモンジャムにしようと購入したのですが、皮のあく抜きがかなり面倒なので、挫折。既にレモンピールのはちみつ漬け等は作りましたが、大量に消費ができません。あれこれ思いあぐねているうちに、友人が自家製ぽん酢を作っていたことを思い出し、レモンで出来るかも、といろいろ調べてみました。
ぽん酢にするにはレモンだとかなり酸味が強いようでしたが、その分味醂の量を増やしたり、寝かす時間を長くすればそれなりの物が出来上がる可能性は高い、チャレンジする価値あり、と判断、早速2日前に第一弾の仕込みをし、今日は瓶詰めです。
仕込みでは20個以上レモンを絞ったかな・・・。漉した液がぽとぽと落ちる様子を見ているといとおしくなりました(笑)。瓶詰めは2時間程度で終了(絞らずに漉したので、時間がかかりました)。これを冷蔵庫で半年寝かせます。楽しみだ~!
尚、挫折したレモンジャムですが、気を取り直して再検討中。
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-18 21:13 | 料理、レシピ
e0146912_0125919.jpg美味しいコロッケやメンチカツが食べたくなったら、はらぺこラッコは迷わず伊藤精肉店にゴー!
最寄は妙蓮寺駅。改札を出て右に進み、ドラックストア(Fit Care DEPOT)の角を右に曲がり、道なりに歩くと右手に伊藤精肉店があります。駅より徒歩2分程度。旧綱島街道沿い、コンビニ「スリーエフ」のむかいです。
お店の看板に書いてあるコロッケも美味しいですが、はらぺこラッコのイチオシはメンチカツとコロッケ(写真は前がメンチカツ、後ろがコロッケです)。
メンチカツの中味は旨みを含んだお肉とお野菜がしっとり、外はカラっ!お肉は国産しか扱わないお店なので、子供にも安心して食べさせることができます。
コロッケは芋本来の味がしっかり味わえ、こちらも美味。冷めても美味しいです。
2008年3月1日時点、コロッケ80円、メンチカツ120円也。
※冷めた揚げ物を美味しくする温め方については、後述「おまけ」参照。

お肉は昔から国産のみ、とても良質なものを扱っています。以前、ステーキ用のお肉をかなり奮発して購入しましたが、お値段以上の美味しいお肉で、夫婦で大満足しました(あんな贅沢、しばらくできない・・・)。地元の名士の家に、おじさんが肉を届けるのを何度か目撃してます。セレブ御用達、でしょうか。ショーケースに商品が無くても、冷蔵庫からお肉を出して、料理に合わせてスライスしてくれることもあるので、是非おじさんにご相談を!
ハムもかなり上等なものまで扱っていて、オードブルにお薦めです。

FM横浜の藤田君が番組のHPでお店を紹介してます。
藤田優一の街角日記 2003年12月15日

「伊藤精肉店」:
住所 横浜市港北区菊名1-1-10
電話 045-401-8629
定休 水曜日

おまけ「揚げ物の温め方」
 ①アルミホイルに揚げ物を重ならないように並べる。
 ②①をオーブントースターに入れ、焦げないように気をつけながら3,4分温める。
 ③揚げ物の表面を指でつんとさわってみて、ぬるければさらに2分程度加熱。
  それでもぬるければさらに加熱。焦げないように十分気をつけて!
  (オーブントースターによって、火力がずいぶん異なります。
   温め時間は目安なので、揚げ物から離れずに!
   油断すると黒こげになります。)

   
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-18 00:42 | 食材、惣菜、菓子等
e0146912_0433362.jpg本日はホワイトデー。息子にチョコレートをくださった、心優しき女性達へのお礼を、母はすっかり忘れておりました。とほほ。可愛いお嬢さんへのお返し・・・、これは「うさぎのサブレ」しかないっ!一路「サンレモ」へ。
妙蓮寺駅から徒歩4分程度、水道道沿いの(富士塚)交番の真向かいにある小さな洋菓子屋さん「サンレモ」。ラブリーなだけでなく、味も良い「うさぎのサブレ」はこの店の定番商品です。小さいお店ですが、焼き菓子は他にも種類がいろいろあったので、ちょっと迷いました。結局、ホワイトデー向けの「うさぎのサブレ」が入ったセットを購入。
e0146912_1472323.jpg最近、お店の前を通る度に、ショーケースにずいぶんとお洒落なケーキが並ぶようになり、あれれ?と思っていたのですが、他店で修行を積んだ息子さんが手伝うようになったからのようです。カーボン山の桜を題材にした素敵なロールケーキもありました!このロールケーキを食べながら花見っていうのもいいですね。友人によると、おじさんの作る定番のアップルパイも美味だそうです。

「サンレモ」:
住所 横浜市港北区菊名1-8-8
電話 045-432-7074
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-14 00:39 | 食材、惣菜、菓子等
2008年11月に閉店しました。美味しいワインとお料理、くつろぎの時間をありがとうございました。
e0146912_23392591.jpgビルの建て替えのため、多くの人に惜しまれつつ閉店した横浜イタリアンの名店「ボッテガ リラ」。そのオーナーシェフだった岩崎さんが鈴木さんと共に、新たに開いたお店が「バンコーネ “与八丸(よはちまる)”」です。今年から平日のみランチ営業も始めたとのご連絡をいただき、久々に行ってまいりました。子供がいるので夜の外出はままならない私としては、ランチ営業は大変ありがたい!
岩崎さんの作るイタリアンは、じわっと体に沁みるような味わい深さがあります。イタリアのマンマの味をベースに、伊各地の郷土料理を取り入れているそう。
ランチはパスタとリゾットの2種類あり、どちらかを選択します。今回は砂肝のパスタを注文。
e0146912_23383024.jpg砂肝の旨みが引き出され、パスタの上にふりかけられたパン粉が味、見た目の両方で良いアクセントになっていて、大変美味しい一品でした。セットのサラダはシンプルですが、オリジナルドレッシングがいい感じでこちらも美味しかったです。パスタ、リゾット共にサラダが付いて1000円也(2008年3月時点)。
私はそれにランチを注文した人限定のデザート&飲み物セットをさらに注文。ここのティラミスはとても美味しい!笑顔が素敵な鈴木さんが淹れた、ラズベリー紅茶と共にいただきました。うーん、幸せ。(笑)またうかがいます!今度はワインも一緒に楽しもうかな。
e0146912_073048.jpg
「バンコーネ “与八丸(よはちまる)”」
住所 横浜市中区常盤町3-22 関内福島ビル2階
    ※道路に面した外階段から店に入ってください
電話 045-226-3210
営業 ランチ11:30~14:00(平日限定)
    ディナー18:00~23:00
定休 日曜日
※2008年11月に閉店
[PR]
by harapekorakko | 2008-03-14 00:20 | レストラン、飲食店(横浜)