菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

79年前の横浜の写真集

e0146912_10495337.jpg知人の骨董屋から連絡があり、1929年に発行された横浜の写真集を見に行ってきました。

この写真集は関東大震災からの復興記念に横浜市がつくり、立ち直った横浜のアピールと支援への感謝のため、諸外国に贈られたもの、・・・のようです。連絡をいただいた時は、写真のついたカード1,2枚程度と勝手に思い込んでいたのですが、横浜にある官庁やホテル、水道施設等の写真が多数収められた、79年前の横浜を物語る大変貴重な資料でした。

e0146912_113441.jpg横浜はこの後、第二次世界大戦の大空襲で再び壊滅的被害を受けています。この写真集が横浜で生き残っていたことは奇跡。この写真集を見ているうちに、さまざまな思いで胸がいっぱいになりました。

写真集の中には、1927年に開業したホテルニューグランドの写真もありました。ホテルニューグランドは、関東大震災で横浜を代表するホテル「グランドホテル」が倒壊し、無くなってしまったため、当時の横浜市長の呼びかけで第3セクターのような仕組みで造った、横浜の復興のシンボル。当時の経緯を知っていると、建ったばかりのホテルニューグランド建物写真が誇らしげに見えてきます。※右上の写真はホテルニューグランドではなく、県庁舎です。

ホテルニューグランドの開業当時の詳細は下記HP参照
 「ホテルニューグランド」80周年記念 ホテルニューグランドの歴史

震災で倒壊した「グランドホテル」の写真が開港資料館で公開されてます。詳細は下記HP参照。
 「横浜開港資料館」 催し物案内 第12回「特別資料コーナー」 2008.5.27

この写真集の新たな持ち主となった知人は、古き良き横浜を愛する心優しい人。知人のもとにこの写真集がやってきたのは、なにか“縁”があったからではないか、と思いました。素晴らしいものを見せていただいて、本当に感謝します。
[PR]
by harapekorakko | 2008-06-30 11:47 | その他
e0146912_10532748.jpg銀座で人気のあったイタリアン「リストランテ シチリアーノ」(閉店)のシェフ樋口さんが、渋谷『ポルタポルテーゼ』で腕を揮った平さんとイタリア料理店を開店したと聞いたのが昨年の末。それからずーっと行きたいと思っていたのですが、営業が夜のみで願いかなわず・・・(涙)。ところが今年の5月からランチ営業を始めたという朗報が!早速行ってまいりました。

みなとみらい線 元町・中華街駅 3番出口より徒歩1分、バス通りの1本裏、中華街のはずれにSALONE 2007(サローネ ドゥエミッレセッテ)があります。


HPだと店内が暗い印象を持ちますが、ランチタイムは照明がしっかり照らされ、店内は思っていたよりは明るい雰囲気。テーブルとテーブルの間はきちんと距離が確保され、隣の会話が気になることはほとんど無く、友人とゆったり食事を楽しむことができました。

e0146912_117474.jpgランチは3000円(税・サ込み)のコースのみ。私がいただいたお料理は、下記のとおり。
 人参のズッペッタ
 本日の鮮魚のカルパッチョ
 白身魚のラグーのグラミーニャ
 コルクと蒸し上げたタコのモンデッロ風
                   イン・ウーミド
 スパゲッティ・ポモドーロ(好きな量)
 小さなドルチェ
e0146912_1110336.jpg カフェまたはティー

イタリア料理ではありますが、料理人の独創性が発揮されたメニューです。
“白身のラグーのグラミーニャ”は大変コクがあり、奥深い味で美味しくいただきました。友人がセレクトした“海老のリゾット”も味見しましたが、海老のミソや殻の旨みまでしっかり溶け込んだ、濃厚なお味でこちらも美味しかったです。

一皿一皿の量は少なめなので、ちょっとさびしく感じる方もいるかも。量的に足りない方は、最後のスパゲッティ・ポモドーロを大盛りにしてもらってください。このポモドーロは他の店には無い旨みがあったので、何かかくし味でも入っているのですか?と質問したところ、レシピを丁寧に教えてくれました。何か特別な食材が入っているわけではなく、調理法で野菜の旨みを引き出した結果、ということらしいです。

サービスはすべてを一人で担ってましたが、ゆきとどいており快適でした。全席禁煙だったらしく、繊細な味をきちんと味わえ、煙たい思いをせずにすんだのもよかったです。

e0146912_11204599.jpgSALONE 2007(サローネ ドゥエミッレセッテ)
住所 横浜市中区山下町82-3 シタラビル1F
電話 045-651-0113
定休 日曜
営業時間 昼12:00~L.O.2:00PM/6:00PM~L.O.9:00PM
[PR]
by harapekorakko | 2008-06-25 11:17 | レストラン、飲食店(横浜)
6月8日の神奈川新聞に、東西上屋倉庫跡地から明治・大正期に使われていたとみられる鉄道のターンテーブル(転車台)が見つかった、という記事が載りました。(詳細については、神奈川新聞「港の貨物線遺跡が出土/横浜市中区・東西上屋倉庫跡」 を参照してください。)

e0146912_13443411.jpg横浜では、日本の近代化の歴史を物語る遺跡が発掘されることがあります。写真は2003年7月に発掘調査された、2代目横浜駅の遺構の写真です。東横線旧「高島町」駅の隣で、当時駅のホームからも遺構の様子がよく見えました。
現地に足を運ぶと、遺跡マニアでなくても“昔こんな建物があったのだ!”と、リアルに歴史というものを肌で感じることができます。はらぺこラッコは遺跡公開や、歴史建造物の解体前の公開情報が入ると、なるべく見学に行くようにしています。
ちなみにこの2代目横浜駅は調査後、保存されませんでした。

転車台が発見された東西上屋倉庫跡地(1号倉庫跡地)は、公園整備予定地です。この転車台をいつまで見学することが出来るのか、はっきりしません。同じ敷地内の2号倉庫がまもなく解体予定なので、工事の危険から近づくこともできなくなる可能性大です。

はらぺこラッコは転車台について知ったのが2日前。今週中に現地に行ってみたいと思いますが、見れるかどうか・・・。見学できれば、このブログでご報告したいと思います。

線路マニアのLUNさんがブログで現地の様子を紹介していましたので、興味のある方はご覧になってみてください。
『線路巡礼(LUNの歴史を記録します)』 6月9日記事
東西倉庫跡で歴史的線路出土!(発掘現場に急げ~、大船通路線の伝説も達成)


「東西上屋倉庫跡地」:
住所 横浜市中区海岸通
交通 みなとみらい線「日本大通り」駅より徒歩3分程度
[PR]
by harapekorakko | 2008-06-18 14:25 | 横浜観光スポット、散歩等
e0146912_23503073.jpg菊名・妙蓮寺界隈の夏の風物詩、「斉藤農園」の夏野菜の販売が6月8日よりはじまりました!
例年ですと8月中旬くらいまで、火・木・日曜の7時~11時まで、斉藤農園の軒先で(写真下)販売をしています。

一番人気のあるのはトマト、次いで枝豆でしょうか。きゅうり、ナスも美味しいですよ。現在はまだ野菜の種類は少ないとのこと(6月10日時点で、販売している野菜はトマト、きゅうり、ナス、人参、大根、玉ねぎ、エシャロット、辛味大根、じゃがいも、長ネギ でした。)。ちなみに枝豆の販売は例年だと6月の下旬くらいから。
販売単位は基本はキロですが、500グラムでも販売してくれます。きゅうりだと500グラムで6本くらいでしょうか・・・。生で食べ切るにはちょっと多いので、ピクルスや漬物にして毎日消費(笑)。トマトではトマトソースを大量に作って冷凍庫に作り置きもします。

e0146912_23523732.jpgはらぺこらっこが初めて斉藤農園を訪れたのは10年前。当時はおじいさんがご健在で、軒先で枝から枝豆をはずしていると「これも持っていきな~」と数本おまけしてくれました(笑)。家に帰って、茹でようとしたら鍋に入りきらず、2回にわけて茹でることに・・・。おおらかでやさしいおじいさんだったな~。
斉藤農園を経営する、斉藤一家は皆さん働き者!夏の強烈な日差しの中、斉藤家のおばあちゃんからお嬢さんまで総出で農作業。農薬をほとんど使うことなく、大事に育てられた野菜はどれも美味!
e0146912_073467.jpg枝で熟したトマトは甘みが強く、青臭さもある、力強さのある味。はらぺこらっこの息子は離乳食から斉藤家のトマトを食べていたからか、すっかりトマト好きに(笑)。きゅうり、人参はスティックサラダにすると何もつけずにぱくぱく食べてしまいます。息子が野菜好きになったのは斉藤農園のおかげかもしれません。

「斉藤農園」:
住所 横浜市港北区菊名3丁目9
販売日時 (6月上旬~8月中旬頃の)火・木・日曜日 7時~11時
※斉藤農園に野菜を買いに行くときは、スーパーのレジ袋を数枚持参すると、持ち帰る時に便利です。
最寄駅 東急東横線 菊名駅、妙蓮寺駅
[PR]
by harapekorakko | 2008-06-16 23:55 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_16555419.jpg昨年『dancyu12月号』で見て以来、ずっと行きたいと思っていたワインバーに行ってきました!

東急東横線代官山駅から歩いて5分、八幡通り沿いのビルの地下一階にラ・フォルナーチェがあります。イタリアのバールをそのままもってきたような、なんとも居心地の良いお店。料理はすべて小皿料理ですが(18時以降)、どれも丁寧に作られており、大変美味しい!


e0146912_1717567.jpg写真右は豚のソテーにナスのディップを添えたものですが、店主に言われたとおり豚にディップをつけながら食べると、と~っても美味し~い!(ちなみに豚、ディップ別々に食べても美味しいです。)
根菜野菜のアンチョビソース(写真下)は、色合いがとっても綺麗。食べても美味しくて、あぁ、シアワセ。この他イタリア産そら豆とペコリーノチーズ、自家製ソーセージ等いただきましたが、どれも美味しかったです。

注文したワイン(ボトル白)もお手頃価格でこれまた美味しい。我が家の近所にあったら、常連になっちゃいます(笑)。
サービスもきめ細かで、ボトルワイン(白)は開栓後もテーブルの上に置かれることなく、e0146912_18143046.jpg店主のいるカウンターの冷蔵庫で冷やされ、グラスが空くと店主がすぐに注ぎに来ました。
おかげで程好く冷えた白ワインを最後まで楽しむことができ、大満足。

久々に主人と2人のデートだったのですが、とてもシアワセな時間を過ごすことができました。また再訪しますっ!

ラ・フォルナーチェ
住所 東京都渋谷区代官山町14-24 YM代官山地下1階
電話 03-3463-9106
営業 10:30~23:00頃
定休日 水曜日
[PR]
by harapekorakko | 2008-06-10 18:27 | レストラン、飲食店(東京)
e0146912_0301587.jpg久々に「ららぽーと横浜」に行ってまいりました!初めていった時は開店したばかりでしたので、車ではなく電車、横浜線鴨居駅から徒歩でてくてくと・・・。
今回は出かける直前にHPで駐車場に入れることを確認した上で、自家用車で行きました。敷地内に入ってから駐車場に着くまで、ぐ~るぐ~ると誘導されたものの、待たされることなく駐車。HPによると土日は混雑するとのことですが、一時の混雑はだいぶ緩和し、駐車場も入りやすくなったようですね。

「ららぽーと横浜」にはシネマコンプレックス、大型スーパー(イトーヨーカドー)があり、ショップは370店舗、全席指定のカフェテリアレストランは600席!あらためてこのショッピングセンターの巨大さに圧倒されました。特に婦人服の店はバリエーションが豊かで、カジュアルからフォーマルまでこのSC(ショッピングセンター)で揃います。人気のあるブランドもずいぶん出店してますので、ウィンドウショッピングするだけでも楽しいですね。

e0146912_033167.jpgはらぺこラッコは、まずは2階の「東急ハンズ」で文具をお買い物。他の東急ハンズと違って、すべてが同じフロアに揃っています!ついでに台所用品をのぞいているうちに、あれこれ予定外の買い物してしまいました。凝り性の私にとっては、楽しいけど恐ろしいお店です(笑)。

マザー牧場のソフトクリーム屋で一息ついた後、主人と息子の趣味につきあって、3階の「ユニアート」へ。ここはホビークラフト、鉄道模型、画材等を販売するほか、隣接する「ハンドワークスタジオ玄創工房」には時間貸し工房もあるので、何かを創作したい方にはとても便利。油絵や模型塗装等、臭気や換気の関係で自宅では難しいものも、ここでは思いきりできますよ。
この他にも3階には手芸材料のお店や、カルチャースクール等があり、趣味に関連する店舗が集まっています。

最後に夕飯の買い物のために「イトーヨーカドーららぽーと横浜店」へ。このイトーヨーカドーは、3フロアある大型店で紳士スーツまで売っています。1階の生鮮売場は充実しており、生マグロが美味しいそうでした。

「ららぽーと横浜」
住所 横浜市都筑区池辺町4035-1
交通 JR横浜線「鴨居」駅より徒歩7分
電話 045-931-1000
[PR]
by harapekorakko | 2008-06-04 00:58 | その他