菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0146912_2247255.jpg横浜散歩のおすすめスポット その2で山下公園をご紹介しましたが、その山下公園のシンボルが氷川丸。この氷川丸が長期の改修工事を経て、今年(平成20年)4月25日に日本郵船氷川丸となり、リニューアルオープン。はらぺこラッコ、夏休み前に見学してきましたっ!

リニューアル前は船内にレストランやゲームセンターがあり、落ち着かない雰囲気でしたが、持ち主が日本郵船に戻り、日本の外航海運業の生き証人としての氷川丸を、じっくり、ゆったり見学できるようになりました。


e0146912_23144481.jpg上の写真はチャップリンも利用した一等特別室。昔の優雅な船旅を彷彿させる、一等社交室、一等食堂なども見学できます。機関室も常設展示。なかなか見ごたえのある氷川丸に変身していました。

ひととおり見学した後、はらぺこラッコは屋外デッキの椅子に座り、MM21方面をぼーっと眺めておりました。ここからの眺め、大桟橋とMM21の両方が見えて、なかなか面白いです。


e0146912_23382988.jpg昭和5年に建造された氷川丸は、今年でなんと78歳。貨客船として大活躍し、戦時中は政府徴用船、海軍特設病院船となり、終戦まで3回も蝕雷(!)しましたが、日本郵船の大型船では唯一沈没を免れた、強運の船です。
この強運にあやかって、氷川丸グッズをお土産にするのもいいですね!

現在、こどもクイズラリー等のイベントを開催中。詳細は、「日本郵船歴史博物館・日本郵船氷川丸」のHPをご覧ください。お得な優待券のダウンロードもできますよ。

「日本郵船氷川丸」
住所 横浜市中区山下町地先
電話 045-641-4362
営業 10時~17時
休館日 月曜日
交通 みなとみらい線「元町・中華街」駅より徒歩1分
[PR]
by harapekorakko | 2008-07-27 23:56 | 横浜観光スポット、散歩等
e0146912_10383660.jpgこの店に初めて行ったのは4,5年前。知り合いの美食家が「ここのピッツアは旨い!」と教えてくれたので、早速食べに行ったら、美味しいっ!!
以来、1年に1,2回は顔を出しているかな・・・。今回は久々の再訪。相変わらず美味しいピッツアを堪能してきました。

JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「関内」駅より徒歩3,4分。ベイスターズ通りと相生町の通りが交わる交差点のすぐ近くに、Sisiliya(シシリア)」があります。

e0146912_11272436.jpgこのお店、薪を使って窯で焼く、本場にひけをとらない“ナポリピッツア”を食べることができる!写真(上)のピッツアはマルゲリータ。マルゲリータはチーズの種類によって、3段階の価格設定があり、これは真ん中の1700円、水牛のモッツアレッラチーズを使ったもの。モチモチして香ばしいピッツアは病み付きになる美味しさ!
窯焼のピッツアは最近あちこちのレストランで食べることができるようになりましたが、ここまで香ばしいピッツアにはなかなか出会えません。友人ともう1枚平らげました(笑)。ピッツア以外のメニューもお手頃価格でなかなかです。

e0146912_1130419.jpg今回はちょうど窯の中の様子が見えるカウンター席だったので、ピッツア職人のオーナーさんの奮闘を見ながらお食事をいたしました。1枚1枚、先が平たくなっている金属製の道具(“ピール”というらしい)にピッツアをのせ、回転させたり、持ち上げたりしながら焼き加減を調節。汗だくで首にタオルを巻きながらの作業です。なんともいえない香ばしさは、職人の技なんですね。



Sisiliya(シシリア)」
住所 横浜市中区相生町1-7 和同ビル1F
電話 045-671-0465
営業 17:30-AM2:00 (LastOrderAM1:30)
定休 日曜日
人気店ですので、いらっしゃる際は予約してくださいね!
[PR]
by harapekorakko | 2008-07-20 23:49 | レストラン、飲食店(横浜)
e0146912_0112580.jpg最近、日本茶専門の喫茶店が増えているそうです。そういえば、いろんな雑誌やミニコミ誌で日本茶の特集記事を見かけます。ブームとまではいかなくても、日本茶に関心を持つ方が増えているのかもしれません。
はらぺこラッコも遅ればせながら、日本茶専門喫茶店に行ってきました!以前「サルース」(東急グループのミニコミ誌)の特集で、飲み終えた茶葉を食べることができると掲載されていた喫茶去 kicchako(きっちゃこ)。友人と日本茶の味の複雑さ、奥深さに感嘆しました。日本茶に興味のある方、要チェックのお店です。

e0146912_0133049.jpg東急東横線・JR南武線「武蔵小杉」駅より徒歩5分。武蔵小杉駅南口から法政通り商店街へ入り、約150mほど行ったお花屋さんの角を右に曲がります。この通りは二ヶ領用水路の遊歩道、通称「お茶通り」と呼ばれている通りで、そこから約50m先の紅茶の喫茶店(ローズマリー)の奥隣にちょっと「和ぽい」佇まいの「喫茶去(きっちゃこ)」があります。

e0146912_0165548.jpg大きくはない喫茶店、オーナーの男性が1人で営んでいらっしゃるようです。お店のHPを読むと日本茶への店主のこだわりが強く出ていますが、お店では質問をすれば詳しく教えてくれますが、うんちくを聞かされるようなことはありません。とても居心地の良い喫茶店で、ゆったりとお茶を、1人の時間を、楽しむことができます。近所にあったら常連になるのに!残念!

はらぺこラッコはお店独自の煎茶の入れ方で、茶葉は「香駿」で、お茶菓子はきんつばを注文。友人は茶葉を「おくみどり」にし、味を飲み比べてみることにしました。

1煎目は、冷水で約15分浸出したお茶。美味しいというよりは煎茶の味がこんなに複雑だったということに驚きました。舌の全体、普段はあまり活躍しない奥の方までつかって、かすかなえぐみさえも感じとります。お茶の味が様々な“味”で構成されていることに感嘆すると共に、自分の持つ味覚がここまで味わい分けることができるのだ、という感動もありました。

2煎目は水を入れた急須で10分浸出したもの。こちらは茶葉の甘みと香りを楽しむことができます。誰もが美味しいと思えるお茶の味、かな。
3煎目は、急須をいったん下げ、その茶葉の最適な温度のお湯を急須に入れて、お湯用の茶碗で出されます。
お茶請けのきんつばは甘さ控えめでとても美味しくて、お茶と共に楽しみました。

e0146912_0145985.jpg最後に楽しみにしていた、茶葉のぽん酢和えをいただきました(ぽん酢和えは50円の追加料金が必要)。これは3煎楽しんだ後のお茶葉を「土佐のゆずポン酢」と「穀物を炒った粉」と「煎り胡麻」で和えたもの。私の選んだ茶葉「香駿」は、和え物としては苦味がちょっときつい感じもしましたが、出がらしとは思えぬ歯ごたえ、ぽん酢の酸味と胡麻と炒り粉の香ばしさが茶葉とよくマッチしていました。これは面白いっ!

今回いただいたのとは違う茶葉を、また冷茶でいただいてみたいです。近々再訪したいと思います。

喫茶去 (きっちゃこ)
住所 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目70−4−102
電話 044-711-9230
定休日 毎週木曜日
      第3週の水曜日(都合により変更する場合があります)
      土曜/日曜日を除く、平日の祝祭日
営業時間 通常 13:00~20:00(オーダーストップ 19:30)
       月曜のみ 13:00~19:00(オーダーストップ 18:30)
[PR]
by harapekorakko | 2008-07-13 23:53 | レストラン、飲食店(神奈川)
現在、休業中とのことです。

e0146912_18475532.jpgはらぺこラッコのポストに数日前、お菓子屋さんのご案内チラシが入っておりました。近所の一軒家に金曜日限定で、焼き菓子屋オープンするらしい・・・。これは是非顔を出さねば!

オープン初日の7月4日、10時の開店早々に行ってまいりました。お店があるのは、ごくごく普通の民家、Nさんのお宅。でも家の門と道路に面した電信柱にお店の看板があったので、安心して(笑)入ることができました(写真左上)。
e0146912_18551311.jpg看板の案内にしたがって敷地の奥に入っていくと、普通のお宅の玄関・・・。そこに棚が置かれ、焼き菓子が並べられいます。タルト、パウンドケーキ、マフィン、クッキー等、どれも美味しそう!!完成度の高そうなお菓子、でもそれを販売しているのは普通の民家の玄関(写真左下)、というギャップがちょっと面白いです。

もともと喫茶店等に作ったお菓子を卸していたお二人の女性が、お客様の顔を見て販売したいと、このようなお店をはじめられたとのこと。ご近所の方で「美味しいから早速買いにきました」といらっしゃったお客様も。期待大!はらぺこラッコはキャロットケーキ、ポピーシードケーキ、ひじきとチe0146912_1914279.jpgーズのマフィン、オレンジケーキを購入。

早速おやつにキャロットケーキをいただいたら、とっても美味しい~!!人参の他に木の実等がケーキに入っていて、風味豊かで濃厚な味。これから他のお菓子を食べるのがとても楽しみです。
こちらの商品は、発酵バター・粉・卵など素材にもとことんこだわり、添加物や保存料は一切使用されていないそうです。子供に安心して与えることができるのもいいですね。



e0146912_19141673.jpg焼菓子専門店 ひな菓子工房」:
住所 横浜市港北区菊名3-19-26
電話 045-434-4163(金曜日)
    03-3784-2527(金曜日以外)
営業日 金曜日のみ
      ※平成20年10月より、第5金曜日は定休日に。
       ご注意ください!

営業時間 10時~16時
交通 東急東横線菊名駅より徒歩9分
               駐車場(1台)有り
              菊名桜山公園(カーボン山)尾根側入口のすぐ近くです。
[PR]
by harapekorakko | 2008-07-04 19:31 | 食材、惣菜、菓子等