菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0146912_15246100.jpg一般人はなかなか見る機会のない、ドキュメンタリー映画。それをご近所で見るチャンスです!

来週の土日(2010年2月6日・7日)に大倉山記念館で「第3回大倉山ドキュメンタリー映画祭」が開催され、自主制作のドキュメンタリー映画8本が上映されます。
はらぺこラッコがこの映画祭の存在を知ったのは先月。もう3回目を迎えるという映画祭、あまり知られていないイベントではありますが、見てみたいと思わせる作品が多くて期待大!

料金ははじめの1作品は1500円ですが(高校生、シニア、障がい者は1000円)、さらにご覧になる場合は1作品ごとに500円の追加料金となり、見れば見るほどお得な料金設定。
全席予約最優先なので、是非見たいと思う作品があれば予約なさってくださいね。

注目なのは、第1回の映画祭で追加上映も満席になるほど好評だった「牧野富太郎と『牧野日本植物図鑑』」のリバイバル上映!今回はその作品の監督である渡辺哲也氏を映した「 白い花はなぜ白い 」も同時上映されます。

今回の映画祭のテーマは「行きる」。いろいろな人の生き方を知ることで、自分自身の行き方のヒントが見つかるかもしれません。元気や感動が最近足りない方も、ご覧になってみてはいかが?

「第3回大倉山ドキュメンタリー映画祭」
会場 大倉山記念館(横浜市港北区大倉山二丁目10番1号)
予約・問い合わせ 045-544-1881(大倉山記念館)
[PR]
by harapekorakko | 2010-01-30 23:59 | その他
e0146912_19214223.jpg天気予報で本日は暖かく過ごしやすい一日、ということだったので、友人と大倉山までお散歩に行ってきました。

日頃の運動不足解消のため(笑)、菊名~大倉山間は電車を利用せずに徒歩で往復。とても心地良い天気でしたので、ランチはテイクアウトして公園で食べようということになり、駅前のパン屋「TOTSZEN BAKER’S KITCHEN(トツゼン ベーカーズキッチン)」に行ったら定休日でお休み…。
あんまりヘルシーじゃないけど食べたいものがあるんだけど…と某商品の話をしたら「そこでいいよ~」と友人が快諾してくれたので、駅前のマックへ。はらぺこラッコは滅多にファストフードのお店に入りませんが、本日は期間限定商品「テキサスバーガー」を食べたくてマックに参上(笑)!
お味がどうだったかについては後ほど…。


e0146912_1922319.jpgランチを購入後、線路脇の急な坂を上り、まずは「大倉山記念館」に。

現在の大倉山記念館は、実業家で後に東洋大学学長を務めた大倉邦彦が「大倉精神文化研究所」の本館として昭和7年(1932年)に建てたもので、古代ギリシャ以前の”プレヘレニック様式(クレタ・ミケーネ様式)”という建築様式と、東洋の意匠も取り入れた、独特の様式美を持つ建造物です。

昭和56年に横浜市に寄贈され、現在は地元の方の様々集いやコンサート等に利用されています。
港北区の文化財に指定されており、重厚な建物はテレビや雑誌の撮影にしばしば利用され、最近も某ドラマで裁判所として登場しました。


e0146912_19243191.jpg館内を見学した後は、記念館の隣にある梅林へ。早咲きの梅が咲いてるのではと期待して行ってみたら、3種ほどの梅はとても綺麗に咲いており、その可愛らしさに感激しました。白梅からはかすかに花の香りも漂い、春が近づいていることを五感で実感!
梅の盛りまではまだ早いこともあって、訪れる人も少なく、梅林内のベンチで梅を見物しながらのんびりランチを楽しみました。


e0146912_19255225.jpg友人と“マックのハンバーガーって、梅林と雰囲気ぜんぜん違うわよね~”と笑いながら、はらぺこラッコはバンズ(パン)から大きなパティ(ハンバーグ)が飛び出しているテキサスバーガーにかぶりつきました。

“本場アメリカンテイストの本格ビーフハンバーガー”の第一弾商品で、マックの宣伝によると、このテキサスバーガーは“ワイルドな味わい”とのこと。実際に食べてみると、通常の2.5倍のビーフパティは食べ応えがあり、量もワイルド。

2種類のソースはジューシーなパティと相性も良く、スモークのきいたベーコンはアクセントになっていて、なかなか美味しくいただきました。フライドオニオンは思っていたより影が薄かったのが少々残念でしたが、半年に一回くらい食べたくなるくせになる味。

ちなみにこのテキサスバーガーは640カロリー、ビックマックの555カロリーを上回る高カロリーメニュー!!本日歩いた運動量をはるかに超えているような気がします(苦笑)。

尚、この梅林では、2010年2月20日(土)・21日(日)に第22回大倉山観梅会が行われます。例年、梅はその頃にちょうど見頃を迎え、園内では様々なイベントが開催され、大勢の方が見物に訪れます。

「大倉山記念館」
住所 横浜市港北区大倉山二丁目10番1号
電話 045-544-1881
[PR]
by harapekorakko | 2010-01-25 19:44 | 横浜観光スポット、散歩等
e0146912_10261479.jpg先月(2009年12月)、息子と一緒に演劇のワークショップに参加するため、世田谷パブリックシアターに行ってきました。
ワークショップが始まる前に、会場のあるキャロットタワーの最上階のレストラン「レストラン スカイキャロット」へ。三軒茶屋からだと、都心はどんなふうに見えるのか興味があったので、ランチをしながら景色を楽しめればと思いまして。

休日のランチタイム、12時少し前でしたので、窓際の席は当然空席が無く、窓から2列目のテーブルに。予約を入れて来たわけではないので、仕方ありません。
ところが席について間もなく、窓際のお客様が食事を終えて空席に。すかさず、レストランの支配人が 空いたのであちらへどうぞ、案内してくれました。ラッキー!

e0146912_10272557.jpg地上126mの窓からは、ビルをかすめるように足元から都心へとつながる首都高速3号線、新宿の高層ビル群、六本木のビル群等々が。
ビルの中に埋もれつつある東京タワーは、ここからはほぼ全体が見えます。これはうれしいなぁ!頑張れ、東京タワー。スカイツリーなんかに負けるな(笑)。


e0146912_10284177.jpgレストランのメニューは和食と洋食どちらもあり、ご年配の方とのお食事にも便利です。
私達はわっぱ御膳 (1,800円)をオーダー。ズワイガニのわっぱ飯がなかなかボリュームがあり、ワークショップにはエネルギー満タンで臨むことができました(笑)。

機会があったら、今度はこのお店で夜景を見てみたいですね。ちなみに、このレストランのあるフロアには展望ロビーもあり、無料で眺望を楽しむこともできます。

「レストラン スカイキャロット」
住所 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー26F
電話 03-5430-1185
定休日 毎月第2水曜日及び年末年始
貸切営業となる日もあるので、営業日をHPでご確認の上、お出かけください。
[PR]
by harapekorakko | 2010-01-22 10:36 | レストラン、飲食店(東京)
「山角」は2012年2月に横浜のお店を閉店し、山梨に移転しました。

e0146912_19352560.jpgはらぺこラッコの御用達のパン屋「山角」が、ようやく落ち着きを取り戻してきました。

東急の沿線情報冊子『サルース』の11月号に掲載されてから、多くのお客様がいらっしゃるようになり、お店はてんてこ舞い。ピーク時は生産量を数倍に増やしても、昼頃に完売というような状況が続き、はらぺこラッコは前日に電話して、パンを予約するほどでした。

今年(2010年)は1月14日より営業開始。お店の混み具合もだいぶ落ち着いてきて、以前のように散歩ついでにパンを購入しています。
今年から営業時間が変更となり、パンの販売は10:30~16:00、喫茶は12:00~15:00となりました。
店内のレイアウトも変更となり、パンの購入は靴を履いたままできるように。さくっとお買い物を済ませることができますね(2010年4月に喫茶は終了し、現在はパン販売のみとなっています)。

e0146912_19364214.jpg日替わりパンが“ふどう食パン”のようなお食事パン寄りのものが増え、取り扱う種類も増えました。
本日は“豆乳クリームパン”を息子の塾用のおやつに購入。味の想像がつかないと言いつつ、食べるのを楽しみにしていた息子。帰宅後に、感想をきくのが楽しみです。

夕方に山角でまったりとお茶を楽しんでいたはらぺこラッコとしては、今回の時間変更はちょっと悲しかったりしますが、“町のパン屋さん”として、地元の人々に愛されるお店に成長する姿を見守るのも、ファンとしてはうれしいもの。
山角さん、今年もよろしくお願いいたします。

一番上の写真は、我が家の朝食で食べたマフィンのサンドイッチ。2枚目はベーコンエピ、カマンベールチーズパン、マフィンです。

「山角(sankaku)」:
住所 横浜市港北区富士塚2-24-5
※営業時間、定休日等については、お店のHPでご確認ください。
「山角」は2012年2月に横浜のお店を閉店し、山梨に移転しました。


[PR]
by harapekorakko | 2010-01-18 19:44 | 食材、惣菜、菓子等
e0146912_15351153.jpg昨日、菊名駅西口にある「99イチバ」の前をとおったら、3日間の新装開店セールの真っ最中(新装開店セールは終了しました)。
最初はどこを新装したのかよくわかりませんでしたが、店名が「みんなのイチバ」に変更になり、それに伴い改装をしたのだそうです。
新聞記事によると“取扱商品の種類を拡大させるのに伴い、主体となる商品価格を従来の99円(税別)から100円(同)に変更するため、店名を「みんなのイチバ」に変更した”とのこと。確かに商品の値段が100円になっていました!

e0146912_15372098.jpgはらぺこラッコは特売品の国産玉ねぎ1.6キロ100円、紅茶のティーバック100個入り200円、長ネギ4本100円…を購入(すべて税別)。思わぬところで安い買物ができ、にんまり(笑)。



菊名・妙蓮寺エリアは100円ショップが他にないので、近くに用事があると立ち寄り、何か面白いものがないか探します。子供用のビニール製のカッパを見つけた時は迷わず購入。臨海学校の時など、持ち物リストに入っているので無いと困るけど、あっても高学年になるとほとんど着ないの代物。100円でOKなのです。(尚、現在は同商品は扱っていないようです。)


e0146912_1921459.jpg特売品の小さな玉ねぎは、帰宅後早速はらぺこラッコのランチのおかずに。「蒸し玉ねぎのおひたし」にして、美味しくいただきました。



「みんなのイチバ」
住所 横浜市港北区大豆戸町212-1
電話 045-434-9918
営業 24時間営業







[PR]
by harapekorakko | 2010-01-15 19:07 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_15382883.jpg クリスマスから正月にかけて、はらぺこラッコはご馳走とお酒をたらふくいただき、体重が増加(笑)。これはまずい、ダイエットしなきゃ!しばらく粗食を続けなくちゃ!
これから何を食べたらいいのかな…、まずは自然食のランチを「おわん」に食べに行って、勉強しようかな~。

「おわん」とは大倉山の住宅街にある、完全予約制の自然食“お食事処”。普通の民家で、ご年配の女性オーナーさんが営んでいるお店です。
はらぺこラッコは先月(2009年12月)上旬にうかがい、自然食のランチセット「おまかせご膳」をいただいてきました。


e0146912_15203492.jpg「おわん」は駅から徒歩5分とアクセスは良いのですが、住宅街の中の普通の民家なので、場所がわかりにくい…。はらぺこラッコは、途中ちょっと迷いました(笑)。
東急東横線 大倉山駅改札を右に出て、横断歩道を渡り、商店街をケンタッキーを右手に見ながら進みます。左手にあるPanasonicフクダデンキ(白地に青字の看板がある)の角を左折、細道をまっすぐ行きます。
十字路を超えると、細道が二股に別れており、それを右側へ進むと五差路に出ます。五差路を道なりに直進し、通りの右側の一つ目の角、グレー壁に黒屋根の2階建ての一軒家の1階に「おわん」があります。
お店の入口は通りに面した、赤と黒の引き戸(上の写真参照)。お店の看板はありませんが、当日はスロープの手すりに店名の入った小さなパッチワークが飾ってありました。

店内は飲食店というより、お料理上手の親戚の家にお邪魔したような(「おわん」さん、スミマセン…)、家庭的な雰囲気。オーナーの海老澤さんは、ここでお料理教室も開催されているそうです。

e0146912_15235034.jpgいただいたメニューは、きのことさつま芋のおこわ、味噌汁、鶏ささ身のホイル焼き、ふろふき大根、七目煮豆、小松菜のおひたし、小カブの千枚漬、甘味(栗の渋皮煮、金柑の甘露煮)。
季節の素材をいかした、シンプルで素朴な家庭料理、ほっとする優しさにあふれていました。

お野菜は地元の樽町の農家や、福島の農園から取り寄せた物を使い、味噌は北海道産大豆を使った自家製、塩はアンデス山岳の赤岩塩等…、食材のひとつひとつにこだわりがあり、オーナーさんが厳選したものを使用しているとのこと。

e0146912_15264098.jpg正直なところ、自分の舌が「おわん」のお料理を味わいつくすことができたか、自信はありませんが、食事をしっかり噛みしめて味わうことを、日々の生活の中でもっと大事にしなければと考えさせられました。

メニューはいただいた「おまかせご膳」の他に、ケーキセット(自家製ケーキ&アップルティー)650円、おわんコース〈おまかせご膳(お食事後の甘味抜き)+ケーキセット〉2000円があります。

予約状況や料理教室の開催日時について、お店のブログに掲示されますが、更新が月に一回程度のようですので、まずはお電話でご相談されることをおすすめします。
尚、予約は電話のみで、メール受付はしていません。


e0146912_15354185.jpg「おわん」
住所 横浜市港北区太尾町521番地4
電話 045-546-9341
営業日 水・木・金
     ※他の曜日も応相談
営業時間 12時~17時
定休日 日・祝日・8月全日
注意 完全予約制。食材調達等の都合上、予約は2,3日前までにしてください。



[PR]
by harapekorakko | 2010-01-12 15:42 | レストラン、飲食店(横浜)
e0146912_1806.jpg用事ついでに横浜美術館の前を通ったら、中が妙に薄暗い…。日曜日に休館してるの?!中を覗くとエントランスホールで巨大な映像が上映中。これは今回の企画展の作品の1つだそうで、アーティスト“束芋(たばいも)”さんの作品。

用事が済んだ後、「束芋さんの作品見たい?」と展覧会のチラシを見せつつ息子に聞いたら、「見たい!」と即答。美術館内のカフェCafé 小倉山でお茶した後、企画展「束芋:断面の世代」を見に行きました。



e0146912_1122738.jpg“束芋”さんは、大学の卒業制作として制作した映像インスタレーション「にっぽんの台所」が、キリンコンテンポラリー・アワード1999にて最優秀作品賞を最年少の23歳で受賞。今では日本を代表する映像インスタレーション作家となり、今年、デビューから10年という節目の年を迎えました。

国内の公立美術館では初めての個展開催だそうで、5点の大型映像インスタレーションはすべて新作!
作品の随所から彼女の旺盛な創作意欲やパワーを感じ、束芋ワールドにどっぷり浸かることができる内容となっています。

作品についての詳しい解説は、横浜美術館のHP等でご覧いただくこととして、はらぺこラッコは束芋さんの描く、人間の“指”が妙にエロチックで強烈に印象に残りました。とても肉感的。
インスタレーションもアナログな作風なので、生理的に馴染み易かったです。不思議な世界を楽しむことができました。

「束芋:断面の世代」
開催場所 横浜美術館
住所 横浜市西区みなとみらい三丁目4番1号
電話 045-221-0300(代表)
開催期間 2009年12月11日~2010年3月3日
[PR]
by harapekorakko | 2010-01-10 23:58 | アート、ギャラリー
e0146912_2354575.jpg近所で凧揚げしようとしたら、電線や家屋があって思うようにできないと感じた方、少なくないはず。
お子さんと自由に凧揚げを楽しみたいなら、是非このイベントにご参加ください。

(2010年)1月9日(土)に港北区小机町の新横浜公園で、日産スタジアム主催の「凧(たこ)揚げの会」が開催!参加費無料で、午前11時から午後3時まで園内の野球場で、自由にたこを揚げることができるそうです。
今年で3回目、昨年は約200人が参加されたとのこと。凧は参加者各自で用意するのが基本ですが、10組程度は無料で貸し出すそうです。会場には、こま回しや羽子板など正月遊びの体験コーナーも設置。
お正月ならではの遊びがいろいろ楽しめそうですね。

このイベントの詳細については、日産スタジアム公式HPのWhat's Newに掲載されてますので、ご参照ください。
尚、雨天、降雪、強風時は中止なので、ご注意を。

「日産スタジアム」
住所 横浜市港北区小机町3300
電話 045-477-5000(代) 
※「凧(たこ)揚げの会」に関しての問い合わせは、
日産スタジアム事業課電話045(477)5008に。

[PR]
by harapekorakko | 2010-01-06 23:14 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_0384894.jpg主人の実家に顔を出したついでに、新井薬師に皆で初詣に出かけました。1月3日だからもうそんなに混んでないだろうと思っていたら、行列が…。善男善女ですから、寒くてもきちんと並んでお参りします。














e0146912_040645.jpg本堂をお参りした後は、ねがい地蔵尊に。自分の体の悪い部分を洗うとよくなると聞き、小学生の息子はお地蔵様の頭をゴシゴシ(笑)。私は肩も、腰も、胸も…、と洗ってるうちに全身のほとんどを洗ってしまいました。トホホ。

新井薬師の御本尊様は秘仏としてお祀りされており、普段そのお姿を拝見する事ができないのですが、12年に1度だけ御開帳があり、そのお姿を拝見することができるそうです。今年(2010年)はその御開帳の年である寅歳!
弘法大師御作と伝わる、大変珍しい二仏一体(表・薬師瑠璃光如来。裏・如意輪観音)の黄金仏が拝見できます。

御開帳の期間は2010年5月1日~5月30日の1ヶ月間。開帳記念大法要(5月16日)にはお稚児さんが地元商店街のあいロードをお練行列するそうですよ。



e0146912_0432273.jpg義母が美味しいお煎餅屋さんがあるから買って帰りましょう、とお寺のすぐ近くの「味好堂(みよしどう)」に。昭和26年に開業された、老舗のお煎餅屋さんです。








e0146912_0444951.jpgお煎餅はお餅で出来ているってことを感じさせる、腹もちのよい、しっかりした味わいのあるお煎餅。こういう味、好きだなぁ!はらぺこラッコは、スタンダードな“醤油煎餅の並”が一番気に入りました。






「真言宗豊山派 新井薬師 梅照院」
住所 東京都中野区新井5-3-5
電話 03-3386-1355

「味好堂(みよしどう)」
住所 東京都中野区上高田2-53-8
電話 03-3386-4144
[PR]
by harapekorakko | 2010-01-04 23:46 | 食材、惣菜、菓子等
e0146912_148926.jpg明けましておめでとうございます。本年も「はらぺこラッコの横浜散歩」に遊びに来ていただき、ありがとうございます!

はらぺこラッコ家は、今年は妙蓮寺の境内で新年を迎えました。
除夜の鐘が響く中、新年を迎えると同時に家族で「明けましておめでとう!」と挨拶を交わし、お寺の多いこの地域らしい、和の情緒溢れる年越しをすることができました。








昨年はTV局から協力依頼がある等、ブログの枠を超えたエキサイティグな体験ができ、とても有意義な1年でした。今年も昨年と同様に、菊名・妙蓮寺界隈や東横沿線の地域情報を発信してまいりますので、よろしくお願いいたします。

e0146912_1444738.jpg左の写真は、我が家から見た2010年1月1日の富士山です。
[PR]
by harapekorakko | 2010-01-01 23:59 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報