菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「食と現代美術」展を初回から鑑賞・体験してきた、はらぺこラッコ家。今回は六回目となり、“観客が作家のつくったレストラン(空間)の各メニュー(7種類程度)を飲食しながら、街を巡っていく”というユニークなイベントとなっております。

e0146912_2345418.jpgはらぺこラッコ家は週末に家族で参加!BankART Pub→BankART Front →本町実験ギャラリー→ぴおシティ(飲食はなし)→野毛地区飲食街(鯨横丁)→BankARTかもめ荘→初黄・日ノ出地区(一般住宅)→BankART桜荘、と2、3キロくらいの行程を歩きます。
息子いわく「食べても歩くから、すぐにお腹空いちゃう(笑)!」。

BankART Frontでは電撃料理人、木村崇人さんがウィンナーを電撃調理。フライパンとか調理道具を使わず、電気の力を食材に直接伝える料理法は究極のエコだと思いますよ、なんて説明しながらウィンナーを通電してました(笑)。
食と現代美術には何度も参加されてるアーティストですが、じっくりお話できたのは今回がはじめて。彼がフルコースを調理する様子を撮ったDVDが販売されたばかり!関心のある方は、ご覧になってみてはいかが。

野毛地区ではくじを引いて、鯨料理を食べる運命の店を占います。
横浜屈指の飲食街である野毛地区。昔の活気を取り戻そうと、30店舗がオリジナルの鯨料理を提供する「野毛くじら横丁」が昨年よりスタートしており、その中から10数店が参加。食事と鯨をかけて、このイベント名は「野毛おしょくじら」(笑)。三宅航太郎さんがしかけるプロジェクトです。
ちなみに三宅さんは占い師のように野毛の街角に佇み、この寒空の下で参加者がくじを引きに来るのを待っています。

e0146912_2373858.jpgはらぺこラッコ家はお好み焼き屋「みかさ」のくじを息子がひき、お好み焼き屋で一体どんな鯨料理があるんだぁ~?!とドキドキしながらお店へ。
「みかさ」はお好み焼きがとても美味しいお店で、はらぺこラッコは10年くらい前まで会社の同僚とよく行きました。飲んだ後、締めにこの店のオリジナル「みかさ焼き」を食べるのが楽しみでした。久々の再会、うれしいな!

お店の玄関には大きな提灯、落ち着ける店内の雰囲気は昔と変わりありません。でてきた鯨料理は生でも食べれる鯨の刺身を鉄板で軽く焼いて(片面3秒!)、しょうが醤油で食べる、というもの。自分で焼き加減が調節できる、くじらのたたきですね。美味しくいただきました!
ちなみに他のお店で食べた参加者は、鯨の竜田揚げだったそうです。店によってずいぶんメニューが違うようです。

e0146912_231254.jpg次のBankARTかもめ荘で妻有産のご飯をいただけると楽しみにしていたら、パックに入ったご飯を渡され、次の個人宅でおかずが出されるので一緒に食べてくださいね、とのこと。息子は「お腹減ったよ~」と係のお兄さんに一言(笑)。
かもめ荘では松田直樹氏の米粒を使ったアート作品が展示されてます。写真は米粒のソファーカバーのアップ。壮観でした!
ちなみに入口のドアの内側も全面米粒がはりつけられてました。







e0146912_23173553.jpgさぁおかずが待っているぞ、と初黄・日の出エリアに。私達が案内されたのは、インテリア・リフォーム工事会社のショールーム兼営業所。
すでに食事中の他の参加者と相席で、お店のおかみさんが作った家庭料理をいただきました。

え、何で一般家庭でお食事するの?って。これは池田光宏さんのプロジェクト、芸術活動なのです!
いただいたパンフレットのタイトルは「のれんのむこうがわ」。
日ノ出町や黄金町は「ディープなエリア」という印象が強かったのですが、日ノ出町を過ぎると表通りは普通の商店街。お世話になったおかみさんのお宅も、お孫さんも同居する明るく賑やかなお宅でした。

e0146912_23195414.jpgおかずに海藻が多く使われていたので聞いてみたら、おかみさんは気仙沼出身だそうで、ご実家から海藻をいろいろ取り寄せて、普段のおかずに当たり前に使っているのだそうです。
この日のメニューには、茎わかめの和え物、昆布の煮物がありました。息子も私も海藻は大好きなので、喜んでいただきました!
息子と2歳違いのお孫さんの話等で盛り上がり、楽しく過ごした後、最後のBankART桜荘へ。パンフによると桜餅と桜酒が出るらしい…。はらぺこラッコは桜餅大好き!

e0146912_2358597.jpgBankART桜荘では発泡ウレタンが飾られた茶室(開発好明氏の作品)にあがり、最中と抹茶をいただきました。(桜餅じゃなかった…。ぐすん。)
お座布団まで発泡ウレタン。これがなかなか座り心地が良くて、家でも試してみたくなりました(笑)。

面白かったね!美味しかったね!と話しながら、帰路についたはらぺこラッコ家でありました。








「full courseフルコース 食と現代美術part6」
会期 2010年3月19日(金)~3月31日(水)
時間 11時30分~14時 17時~20時30分 
会場 BankART Studio NYKからスタートして他6施設を巡る
参加費(チケット代) 1500円(お一人様)
※原則2名から 予約制 50名限定/日
  
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-30 23:44 | アート、ギャラリー
e0146912_23525295.jpg八重桜の見頃にあわせて、横浜市港北区菊名3丁目の菊名桜山公園(通称「カーボン山」)で毎年開催されている「カーボン山桜まつり」ですが、今年(2010年)の「カーボン山桜まつり」は4月18日(日)に開催することが決定したそうです。



この“おまつり”ですが、地元の「桜の森を守る会」、「桜の森連合愛護会準備会」の方々が主催する、アットホームなイベントです。例年だと手作りの豚汁等の販売、地元の音楽教室の講師による楽器演奏等が行われ、近隣住民がかなり集まります。詳細についてはまだ未定だそうで、わかり次第このブログにアップいたします。

「はらぺこラッコの横浜散歩」では昨年と同じように、4月上旬くらいから八重桜の開花状況をお知らせする「本日のカーボン山」を掲載する予定!八重桜の開花状況を写真で確認できる、リアルタイムな情報です。お散歩に、お花見にお役立てくださいね。

カーボン山についての過去の掲載記事は下記のとおり。
今年も盛況。焼き芋は完売!2009年カーボン山感謝祭
2009年 カーボン山祭り」開催!満開の八重桜がお客様をお出迎え!
2008年 カーボン山桜まつり 開催(2008.4.20)
“カーボン山”の公園名決定!(2008.4.25)
カーボン山桜まつり (2008.4.6) ※チラシの写真掲載
カーボン山感謝祭今年の秋も開催(2008.11.18)

この八重桜の丘が地元で「カーボン山」と呼ばれているのは、以前この土地の所有者であった会社の社名に由来したものと聞いております。あくまで“通称”なので、地図にはそのような記述は一切されておりません。
今は横浜市所有となり、公園の整備工事をしている最中です(現在の工事は、2010年3月末終了予定)。公園の正式名称は「菊名桜山公園」です。


[PR]
by harapekorakko | 2010-03-26 15:35 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_1546656.jpgソメイヨシノが開花し、お花見シーズンが到来しました!

東急東横線の沿線で開催される、花見イベントをピックアップしてみました。
お出かけの参考にしてください。


「目黒川さくらフェスタ2010 ~ジャズとワインのひととき~」
最寄り駅:東急東横線中目黒駅
開催日時:2010年3月27日~3月28日 12時~18時30分 
場  所:目黒川船入場(目黒区中目黒一丁目11番18号)
 桜咲く目黒川の川辺(目黒川船入場)が2日間限定で、おしゃれなオープンカフェに様変わり。ワインや石窯焼きピザなどを味わいながら、一流ミュージシャンによるジャズの生演奏と桜を楽しむ新趣向の花見イベントです。
 カフェの座席数が限られているので、音楽や料理をゆったり楽しみたい方は早く会場に入って席の確保を!尚、会場内はお酒や食べ物の持ち込みはできません。

「綱島 桜まつり」
最寄り駅:東急東横線綱島駅
開催日時:2010年3月27日 9時30分~16時
場  所:綱島公園
 野点、もぎ店(屋台)、綱島ばやし、琴三曲、フラダンス、芸能大会等々、地元の町会をはじめ各種団体による演芸・出店があるそうです。現在、フリーマーケットの出店者を募集中。

「2010 碑文谷公園 桜フェスティバル」
最寄り駅:東急東横線学芸大学駅
開催日時:2010年3月28日(日) 10時30分開会式、11時~15時
場  所:碑文谷公園
 和太鼓演奏、各種スポーツ体験、防災自動車・起震車体験、福祉バザー・リサイクルバザー、各種模擬店、福祉施設売店、子供向け大道芸等を開催。問い合わせは、主催者の碑文谷公園くらぶ事務局(3713-0751)。


「第24回 中目黒桜まつり」
最寄り駅:東急東横線中目黒駅
開催日時:2010年4月4日 9時30分~18時
場  所:目黒川と蛇崩川の合流点広場(目黒区上目黒一丁目24番1号)
 駒澤大学吹奏楽部による目黒川から山手通りのパレード。新しく整備された合流地広場(中目黒駅より徒歩1分)ではコンサート、勇壮な和太鼓の演奏、暮部拓哉のライブ、華やかなフラダンスに妖艶なベリーダンス、楽しい大道芸、歌に踊りに花鉢無料配布等々のイベントを開催。
 2010年4月1日~10日は、18時~22時に目黒川をライトアップ。

「第23回自由が丘さくら祭り」
最寄り駅:自由が丘駅
開催日時:2010年4月3日(土)12時~20時、4月4日(日)12時~17時
自由が丘駅周辺から東西に延びる緑道「九品仏緑道」沿いの、桜が美しいエリア(自由ヶ丘南口緑道地区)で、地元の南口商店街が「自由が丘さくら祭り」を開催。
模擬店や大道芸、パフォーマンス等が行われるそうです。
問合せは、南口商店会(TEL.03-3717-4541)に。

写真ははらぺこラッコの地元、菊名池公園のソメイヨシノです。ここの桜とカーボン山の八重桜が、はらぺこラッコのお気に入り!

今年もカーボン山の八重桜の開花情報を、このブログで掲載しますので、お楽しみに!
ソメイヨシノと違って、カーボン山の八重桜は例年4月20日頃が見頃となります。見頃の時期に合わせて、今年もカーボン山桜まつりが開催予定。
開花直前(4月上旬)からほとんど散るまで(4月末頃)、このブログでご報告します。
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-25 15:59 | その他
e0146912_1136245.jpg子育てで忙しくしているママさん、音楽会でリラックスしてみませんか?

2010年4月1日に大倉山記念館で、女性のためのリラクゼーションコンサート「春の歌声」が開催されます。

このコンサートは、ホールにはアロマの香りが漂い、ハーブティーを飲んだ後、ゆったりと音楽を聴く…という“五感に働きかける癒しのコンサート”なのだそうです。
子育てに忙しい女性も参加できるように、2歳以上のお子さんの保育預かりもあり(有料)、お子さんと一緒にコンサートを聴くことも可能です(注:コンサート内容は大人向けです。プログラムについては、HPをご参照ください)。

このコンサート主催する「大倉山文化村」は、大倉山在住の5人の女性がはじめたユニット。メンバーのそれぞれの専門を活かして、このユニークなコンサートが実現しました。
はらぺこラッコはメンバーのおひとり、武田綾子さんのアロマテラピーの講座に参加し、このコンサートの開催を知りました。武田先生がホールにどんな香りを選ぶのか、楽しみです。

10時からティータイム、音楽会は10時30分~11時30分と開催時間は短めなので、子連れのママでも参加しやすいですね。
大倉山記念館の周囲は公園になっているので、天気が良ければコンサートの後に、持参したお弁当を広げて親子で遊ぶと楽しいかも!

ちなみにチケットの手配はネットでできるようになっています。

リラクゼーションコンサート 「春の歌声」
場 所 大倉山記念館ホール
開催日 2010年4月1日(日)
時 間 ティータイム 10時~
     コンサート  10時30分~11時30分
申込・お問合せ HappyMotherMusic
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-24 11:29 | その他
e0146912_18203239.jpg中目黒の隠れ家ビストロでランチをした後は、美味しいデザートを食べに、友人の案内で洋菓子屋「パティスリー カカオエット・パリ」に。

こちらのお菓子は東急沿線情報誌『サルース』の表紙を飾ったこともあり、以前から行ってみたいと思ってました。

お店の内・外装は黒を基調としており、装飾に赤等の鮮やかな色を配色。パリで見かけたことがあるような、ビビットな雰囲気のお菓子屋さんです。
日本ではアパレルならまだしも、食べ物を扱う店には見かけないインテリア。日本人は好みがわかれそうです。





e0146912_18232643.jpgお菓子も赤が基調のカラフルなお菓子がいくつもあり、チョコレート菓子の黒と相俟って、ショーケースの中もビビット!
並んでいるお菓子はどれも美味しそうでしたが、グラスの中で層になっているユニークなお菓子があったので、それをイートインコーナーで食べることにしました。

リンゴのピューレ、リンゴのコンポート、リンゴのムース(だったかな…)が層になってます。
食べ方はご自由に、ということだそうで(笑)、まずは刺ささっているストローでピューレを飲んでみました。ん~、美味しい!
3層それぞれにリンゴの美味しさを堪能できる、素敵なデザートでした。

e0146912_1825274.jpg友人はチョコレート菓子が層になったものオーダー。
「中に入っているマカロン、取り出して食べるのかな。スプーンでくだいて食べるのかしら?」と悩んでました(笑)。
「取り出すのは大変そうだから、ぐさっと崩しちゃっていいんじゃないかな。」と無責任なアドバイスしたはらぺこラッコ(笑)。
さて、彼女はどのように食べたでしょうか?

このグラスのお菓子はヴェリンヌシリーズというそうで、今年の桜のシーズンに合わせて新作「NAKAMEGRO SAKURA(ナカメグロ 桜)」を現在販売中です(詳細についてはお店のHPをご参照ください)。

近くの目黒川沿いの桜は、これから花見のシーズンを迎えます。テイクアウトして、桜の木の下で味わいたいですね!


「パティスリー カカオエット・パリ」
住所 東京都目黒区東山1-9-6
電話 03-5722-3920
営業 10時~20時
交通 東急東横線・地下鉄日比谷線 中目黒駅より徒歩7分
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-22 18:38 | 食材、惣菜、菓子等
本日もこのブログに遊びに来てくださり、ありがとうございます!今回はお店の紹介の前に、はらぺこラッコよりごあいさつ。

3月14日に「はらぺこラッコの横浜散歩」は2周年を迎えました!!そして昨日(2010.3.18)、延べアクセス数が16万を超えました!
こんなに沢山の方々にこのブログに遊びに来ていただき、はらぺこラッコは感謝感激です!
この1年はTV局から協力依頼があったり、掲載したお店からはこのブログを見ていらっしゃったお客様が沢山いると聞いて、情報発信することに手ごたえを感じました。

これからもはらぺこラッコならではの切り口で、菊名・妙蓮寺エリアと東横線沿線の情報を発信してまいりますので、お楽しみに!

多く読者に感謝の気持ちを伝えたい、2周年!今回は本当は教えたくない穴場のビストロを、思い切ってご紹介しちゃいます!


e0146912_1527612.jpg1月に初めてお食事をして、すっかり気に入った中目黒のビストロ「Rue de Legumes (リュウ ド レギュゥム)」。今度は友人を連れて再訪しました。

東急東横線・日比谷線の中目黒駅から徒歩5分。目黒川の橋を渡り、川沿いの表通りからは少し奥まったところに、「リュウ ド レギュゥム」はあります。お店の入口は洒落たブッティックの脇の路地の奥なので、少々わかりにくいですが、この隠れ家のような風情がはらぺこラッコは好きです。



e0146912_1536699.jpg店内は広すぎず、狭すぎずの広さで、総席数は30席。温かみのあるウッディな内装で、居心地の良いお店です。

200本のワインが納められたセラー、壁にかかっているのはマン・レイのプリント…。
よく見るとずいぶんお金がかかっているのに、敷居の高い雰囲気のお店にしなかった、オーナーさんのセンスは素敵。









e0146912_15384080.jpg柔らかな陽光が心地よい窓際の席で、今回は1200円のランチコースをオーダー。内容は、前菜、スープ、主菜、コーヒーor紅茶。
はらぺこラッコは、前菜は4種の野菜の盛り合わせ(これは正式なメニュー名ではない)、メインはローストポークをセレクト。

この他に1900円のランチコースもあり、こちらは料理の内容が異なり、デザートがつきます。
(尚、2010年3月25日~4月11日の桜まつりの期間は、メニュー内容が変更になります。ランチは1,900円と2,900円のコース設定になるので、ご注意ください。)



前回も感じたことですが、こちらで使用している野菜はとても美味しいですね。全国各地から美味しい野菜を取り寄せているそうで、サラダだけでなく、肉や野菜に添えられた野菜も美味しくいただけます。
風味づけや味の加減は控えめですが、野菜の美味しさを上手く引き出しつつ、素材に頼り過ぎることもない、好感の持てる調理がなされています。

e0146912_15404748.jpg主菜はローストポークにバルサミコがベースのソースがかかったもの。
肉の焼き加減が絶妙!お肉はしっとりジューシー、色はうっすらピンク色。ソースはこれはこれで美味しかったですが、もうひとひねりしても良かったかも…。
1200円のランチにそこまで求めちゃいけないか(笑)。











e0146912_15432781.jpgはらぺこラッコがとても気に入った料理は前回に前菜でいただいた、牛スジのゼリー寄せ(メニュー名違っていたらスミマセン)。コクのある白ワインに合って、とっても美味しかった!また食べたいなぁ。







e0146912_15454195.jpg「リュウ ド レギュゥム」の魅力の一つは、グラスワインの種類が豊富なこと。グラスワイン専用冷蔵庫まで設置されてあり、コンディションの良いワインをグラス単位で楽しむことができます(注:グラスワインのすべてがこの冷蔵庫に入っているわけではありません)。
美味しいワインを少しずつ楽しみたい方には、とても良いレストランです。

ディナータイムはコース料理の他、アラカルトで炊き込みご飯もいただけるらしい…。“締めはご飯”が一番落ち着くはらぺこラッコとしては、「フランス産 フォワグラの炊き込みごはん」、食べてみたいですね(笑)。

「Rue de Legumes (リュウ ド レギュゥム)」
住所 東京都目黒区上目黒1-11-4
電話 03-6908-2090
営業 ランチ11:30~14:30(L.O.)、ディナー18:00~22:00(L.O.)
定休 月曜日
※2010年3月22日(月)は営業し、翌3月23日(火)に振替休業するそうです。
 お出かけの際はご注意ください。
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-19 16:05 | レストラン、飲食店(東京)
e0146912_17291128.jpg開発計画の看板が現地に掲示されていたので、いずれ無くなくことは承知していましたが、横浜線沿いのカーボン山方面に続く坂道の雑木林(私有地)が、この2日間であっという間になくなりました。


太くて立派な樹木も切り倒され、竹も数本残るのみ。夏の午後、かーっとくる日差しから歩行者を守ってくれた雑木林はもうありません…。
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-16 17:33 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_1716234.jpg菊名駅東口の「斉藤フルーツ」が閉店してしまい、とても悲しかったはらぺこラッコでしたが、そこに3月15日、チケットショップ「アクセスチケット菊名店」がオープンしました。
派手な看板がインパクトを放っており、びっくりしてお店を眺める通行人多数。




本日、早速ショップを利用してみました。お店のスタッフに「中目黒に行きたいんですが」と行き先を告げると、「本日、これからの利用ですか?」と聞かれ、「すぐに電車に乗ります」と返事をしたら、菊名~中目黒の時差回数券を渡され「220円です」とのこと。ちなみに普通乗車券の運賃は240円です。

時差回数券は、平日10時~16時利用限定の回数券。これは10枚分の運賃で12枚のチケットが購入できるもので、1枚あたり200円になります。購入した回数券の値段はそれよりは20円高い、でも通常運賃よりは20円安い。回数券をバラ売りにして稼ぐシステムのようですね。

私のような専業主婦だと、電車に乗って出かける頻度は少なく、同じ場所に何度も出かけることはあまりないので、回数券を購入しても利用期間内に使いきることはなかなかできません。普通乗車券を買ってお出かけする時に、ここでチケットを買うと節約できるかな。

飛行機や新幹線のチケット、各種金券も取り扱っているそうです。私が半年に一度もらってる株主優待券は、お店のHPによると今まで売ってた金券屋より高い値段で買い取りするそうなので助かりますね。うまく使えば便利な店、でもあの派手な看板なんとかならないのかしらん…。

「アクセスチケット菊名店」:
住所 横浜市港北区菊名4-2-4
営業 10時~19時 年中無休
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-16 17:20 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_1351323.jpg息子がバレンタインデーにチョコをいただきました。義理だとしてもいただけるなんて、なんてありがたい!
感謝の気持ちはホワイトデーのプレゼントに込めて伝えましょう…というわけで、塾通いで忙しい息子のかわりに大倉山までプレゼント探しに行ってまいりました(笑)。

美味しい洋菓子屋さん数店と雑貨屋をチェック。ダントツの可愛らしさで、見た瞬間「これ!」と思ったのが、「マ・ファボリット」のホワイトデースペシャルのお菓子!





スペイン産オレンジ蜂蜜を使ったハチミツレモンの「レモネードマシュマロ」とフォンダン(砂糖を再結晶化させたもの)でハートがデコレーションされたケーキ「ハチミツのパウンドケーキ」です。両方ともホワイトデーにちなんで真っ白で、とってもラブリー!
「マ・ファボリット」だから、味は保証済み。2つがセットで奇麗にラッピングもされたものをプレンゼントすることにしました。

開けた時にかわいい~!って言ってもらえるといいなぁ。心優しいお嬢様方、愚息のためにありがとうございました!息子よ、来年からは自力で素敵なプレンゼントを見つけてね(笑)。

e0146912_1347853.jpg「マ・ファボリット」
住所 横浜市港北区大倉山1丁目13-20
電話 045-545-1475
営業時間 10時~20時
定休 水曜日 
※臨時休業がたまにあるようなので、営業日をHPで確認の上おでかけくださいね。
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-14 13:57 | 食材、惣菜、菓子等
e0146912_17122079.jpg用事で都立大学駅の近くに行ったので、帰りにオリエンタルカフェ「HIBUSUMA(ヒブスマ)」でランチをしました。

南翔小龍包(なんしょうしょうろんぽう)がこのお店の看板メニューということなので、それとサンスー麵のセットを注文(デザート付)。サンスー麵はジャガイモ・人参・ピーマン・長ネギの千切りを炒めてトッピングしたラーメンとのこと。
小龍包は横浜中華街等でいろいろ食べましたが、この店は日本で唯一、本物の南翔小龍包を提供しているお店なのだそうです。本物…、って他のとどう違うの?早く食べて確かめた~い!


注文してからさほど待つことなく、蒸したての湯気の立つ南翔小龍包が運ばれてきました。小龍包を箸でつまんで持ち上げると、薄い皮の中にスープが沢山入っており、タプタプしています。この皮の中のスープを一滴残らず食べたい!!でもこのまま食べたら口の中は火傷しちゃう!どうしたらいいの?!
まわりのお客様はレンゲの上にのせて、少しずつ食べていらっしゃるようなので、はらぺこラッコも同じようにいただきました。…美味しいっ!でも熱い(笑)!

e0146912_17135190.jpg横浜中華街で食べた小龍包はここまで皮が薄くなかったので、中にスープは入っていたけど、こんなにタプタプはしてなかったような気がします。上海の飲茶専門店で食べた小龍包はこれに近いかな。このタプタプした感じ、好きです。
サンスー麵はあっさりしてますが、コクのある味でこちらも気に入りました。私の好きな“海南鶏飯”(シンガポール料理)もメニューにあったので、また再訪して食べてみたいですね。

e0146912_1716726.jpg店内はアンティークのインテリアで、窓際にはさりげなく生花が飾られ、混雑していなければ落ち着ける、とても良い雰囲気のお店。近所にあったら通うのになぁ…。

お店から歩いて数分のところにある呑川緑道では約300本の桜が咲き、シーズンには多くの人が訪れるそうです。花見ついでに熱々の小龍包を味わってみてはいかが?







e0146912_1717379.jpgお店を出た後、隣のお寺の境内に銀杏の巨木を発見!
昨日、鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れたというニュースを聞き、悲しかったはらぺこラッコ。あなたは元気でいてね!と銀杏の木を見上げました。





「HIBUSUMA(ヒブスマ)」:
住所 東京都目黒区八雲1-2-5
電話 03-3723-2455
営業時間 11:00 ~ 21:30
定休日 月曜日



[PR]
by harapekorakko | 2010-03-11 17:22 | レストラン、飲食店(東京)