菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0146912_18341995.jpg御近所の仲良しYちゃんのリクエストで、先週白楽駅界隈を2人でお散歩してきました。今回は「白楽散歩 その1」です。
(写真は白楽駅の近くの蔵のあるお宅。)

白楽駅を出たら、まずは駅前の大通り(六角橋商店街大通り)を神奈川大学にむかってぶらぶら。
通りには学生向けのボリューム勝負のとんかつ屋や、カラーボックス等のお手頃価格の収納を多く取り扱う家具屋など、学生街らしい品揃えのお店があちこちに。

e0146912_17582116.jpg大きな交差点(横浜上麻生道路)を渡り、さらに神大へとむかって歩いて行くと、手焼きせんべいの大きな看板があるので、その案内にしたがって道を右折すると左手の路地奥に「川美せんべい本舗」があります。

昭和29年創業以来、合わせ網による手焼きせんべいを守り続けているとのこと。小さい店内にはさまざまな味のおせんべいやおかきがあり、見ているだけで面白いです。Yちゃんはせんべい好きの家族のために大量購入(笑)。
おせんべいは1枚から購入可能なので、お散歩中のおやつとしていただくのもいいかも。

e0146912_1834076.jpg来た道を戻ると、さっきは開いてなかった「サリサリカリー」が営業中に!
2年近く前から入ってみたかったのですが、看板の迷コピーに圧倒され、1人で入る勇気が持てないままずっと素通りし続けていました……。
Yちゃんが面白そうと乗り気になってくれたので、思い切って入店!

席についても注文を聞かれることはなく、ほどなくお水とサラダが運ばれてきました。ここのお店のメニューは、サラダ、カレー、チャイの3つがセットになった「スリーコース」のみ!だからオーダーをとる必要はない、ということらしい……。

e0146912_1862890.jpgお店のおじさんに「初めてですか?」と聞かれたので、「知人に美味しいと聞いたので来ました」と返事。
このお店のカレーがなかなかイケることは、grazian様のブログで確認済み。
ちなみにこの店を掲載したgrazian様の記事はエキサイトの「コネタ」に取り上げられたほどなんです!


e0146912_1812248.jpg掲載分類が「おいしい」じゃなくて、「コネタ」なのが、看板や紙ナプキンに書かれた迷コピーの威力ゆえ、なのでございましょう(笑)。

さて肝心のカレーですが、パキスタンの家庭料理を忠実に再現した味だそうで、水を一切入れずに12時間煮込んで作るのだそうです。
スパイスは種類ごとに時差で入れるそうで、いただくとそんなに辛くはないですが、奥深い複雑な風味を醸し出しています。
はらぺこラッコ、このカリーがとても気に入りました!

e0146912_1815481.jpgキクラゲと春雨の入ったサラダは、カリーのお口直しにはぴったりの程好い酸味。
食後のチャイも美味しくいただきました。

看板を見てのとおりのユニークなおじさん、どっしりとした存在感を放つサービス担当のおばさん(おじさんの奥さん?)も、このお店独特の魅力です。
パキスタンは、お出かけするにはちょっと遠い。「果ての果て」を御近所で味わいたいなら、是非「サリサリカリー」へ。





e0146912_1822161.jpg「サリサリカリー」:
住所 横浜市神奈川区西神奈川3-7-4
電話 045-413-9010
[PR]
by harapekorakko | 2010-05-31 18:45 | レストラン、飲食店(横浜)
「山角」は2012年2月に横浜のお店を閉店し、山梨に移転しました。

はらぺこラッコ御用達の、富士塚のパン屋さん「山角」。
先月(2010年4月)下旬に喫茶を終了し、パンや焼き菓子の製造販売に専念することになりました。

e0146912_17233659.jpg古い民家が醸し出す、とても居心地の良い空間がかなり気に入っていたので、喫茶ができなくなったのはとても残念。

でもオーナーさんは焼き菓子とかいろいろ作ってみたいものがあるんです、と新たな展開に燃えていらっしゃる様子。


e0146912_17254535.jpg先週お店に行ったら、パンと共に美味しいそうな焼き菓子が並んでいました。

自家製のいちじくのジャムと、黒糖とほのかなキャラメルの生地の「いちじくのケーキ」、素朴な味わいの「黒糖サブレ」、「いちじくとクルミのチョコレートケーキ」等、思わず食べたくなるラインナップ!


e0146912_1728019.jpgここ1,2か月でパンの種類もぐっと増えて、ウィンナーやチーズ等のお惣菜の入ったパンが数種類登場。
今まで塩けのあるパンはベーコンエピくらいだったので、とてもうれしいです。


地元でファンを着実に増やしている「山角」。これからどんな商品が登場するか楽しみです。


「山角(sankaku)」:
住所 横浜市港北区富士塚2-24-5
※営業時間、定休日等については今後変更する場合もあるので、お店のHPでご確認ください。
「山角」は2012年2月に横浜のお店を閉店し、山梨に移転しました。

山角についての過去の記事
「菊名・妙蓮寺エリアに、美味しいパン屋さんが開店!」(2009.3.17)
「定番以外のパンも時々登場」(2009.4.22)
「この季節ならではのクリスマス菓子が登場」(2009.12.1)


下の地図は左上の縮尺メーターを下にさげると、詳細な地図を見ることができます。用途に応じて、見やすい設定にしてみてくださいね!

[PR]
by harapekorakko | 2010-05-26 17:44 | 食材、惣菜、菓子等
以前、「菊名新聞」やTVで紹介されたので、ご存知の方も少なくないかとは思いますが、私達の街“菊名”で養蜂をなさっている方がいます。
私は数カ月前にそれを知り、3月の下旬に知り合いの紹介で養蜂家のお宅にうかがい、養蜂箱等を見学、お話も聞いてきました!

e0146912_19505515.jpg菊名駅と大倉山駅の真ん中あたり、ごくごく普通の一軒家に、養蜂所「菅野養蜂所」があります。
養蜂というと、花のシーズンに合わせて巣箱を移動し、蜜を求めて全国を巡る…というようなイメージがありましたが、菅野養蜂所は巣箱を定位置に据え置くスタイル。この方が移動式に比べて、蜜蜂が疲れないそうです。


e0146912_1950096.jpg巣箱が置いてあるのはちょっと広めの2階のベランダ。普通の一戸建てで養蜂ができるのですね!
はらぺこラッコ、実際に巣箱を拝見し、驚きました。
おうかがいした日は肌寒く、にわか雨が降り、天気が不安定だったので、“ほとんどの蜂は巣箱の中でじっとしている状態”とのことでしたが、それでもぽつぽつと蜜を求めて外出する蜜蜂がいました。よく見てみると蜜蜂って、かわいい!

人間が花から蜜をとって集めたとしても、それは蜂蜜にはなりません。巣箱に届くまでの間に数匹の蜜蜂の体内に入り、酵素と混じり、巣箱の中で集めた蜜の水分を飛ばし濃縮されて、あのトロリとした蜂蜜となるのだそうです。
雨の直後等は採取された蜂蜜は水分が多いのですが、それを蜜蜂は夜間に羽を震わせて、蜜の余計な水分を飛ばすそうです。24時間、蜂蜜を作るためだけにかいがいしく働く蜜蜂!金色に輝く蜂蜜は、必死に働く蜜蜂があってこその、賜物なのです。

e0146912_19552770.jpgその蜜蜂達を菅野さんご夫婦は愛情を持って、とても大切に育てています。日頃のお世話はもちろん、ベランダや庭だけでなく、自宅の周囲にお花を植え、蜜蜂が蜜を集めやすい環境を作るように心掛けているとのこと。おうかがいした時も、近所の緑道には菜の花が咲いており、それは菅野さんご夫婦が植えたものだと知人が教えてくれました。

菅野さんが養蜂をはじめたのは、長年勤めた会社を定年退職され、数年経った後。ご実家の畑に養蜂家が巣箱を置き、世話をしている様子を子供の頃から見ていて、いつかやってみたいと思っていたそうで、退職して時間も出来たから、とはじめられ、もう10年が過ぎたそうです。

“養蜂はそんなに手はかからない”とおっしゃる菅野さんですが、日頃から蜜蜂の様子をよく観察し、こまめにお世話なさっている様子。昨年はご主人が旅行中に、巣箱がスズメバチの襲撃に遭い、大量の蜜蜂が殺されるというアクシデントがおき、ご主人は悔し泣きされたと奥様が教えてくれました。
菅野さんが作る蜂蜜には、蜜蜂への愛情もたっぷり含まれいるのですね。

e0146912_19572140.jpg3月下旬にうかがった時には、4月上旬に今年初めての蜜蜂の採取ができれば、とのことでしたが、その後ずっと寒い日が続いたためか採取も遅れ、今年最初の出荷は4月半ばにずれ込んだようです。

初荷の蜂蜜は桜の蜜が沢山入っているそうで、はらぺこラッコは店頭に置かれたその日に早速入手し、いただきました!
蜜に鼻を近づけるとふわっと花の香りがし、口に含むとその香りと濃縮された甘みが広がります。美味しい!フランスパンにつけてもみましたが、そのままいただくのが一番美味しいです。


現在(2010年5月中旬)販売されている菅野養蜂所の蜂蜜は、アカシアの蜜が主とのこと。花の季節の移り変わりと共に、蜂蜜の濃度も色も味も変化するそうなので、また違った季節に購入して食べ比べてみたいと思います。

菅野養蜂所の蜂蜜を販売するお店は下記のとおり。

e0146912_19593780.jpg「パティスリーピオン」
住所:〒222-0031 横浜市港北区大倉山3-2-2
電話:045-544-8708
営業時間:10時~20時
定休日:火曜
※蜂蜜の他、蜂蜜を使ったケーキも販売しています!


           
「モアかれん」
住所:港北区役所そば
営業時間:平日10時~19時、土曜10時~17時
定休日:日曜、祝日


菅野さんは、大倉山商店街等が行っている“養蜂プロジェクト”の指導もされているそうです。詳細については下記リンクをご参照ください。
「横浜の『大倉山ブランド』はちみつ、収穫に成功」(2010年4月)
[PR]
by harapekorakko | 2010-05-20 20:32 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
2012年秋に閉店しました。
e0146912_21141473.jpg昨年の11月20日に、突然全店閉店したガトークラシック。
2010年5月17日に、妙蓮寺駅のすぐ近くにある「ルカフェ・プチ・ガトー 妙蓮寺店」が営業を再開しました。




入口に置いてある看板によると、パンケーキ・カフェとして、リニューアルオープンされたとのこと。
以前から人気のあったオムライスランチは継続!新たにスペシャルパンケーキランチがメニューに登場していました。内容は、お好きなパンケーキ2つ+サラダ&スープ+コーヒーorティーで1050円だそうです。

e0146912_2192442.jpg営業時間が大幅に延長され、11時30分~23時までになったそうです。女性のお一人様ディナーには重宝しそうですね!

ガトークラシックのHPは閉店前のままですが、日吉店は完全撤退し、まったく別の店が営業しています(他店の様子は未確認)。
妙蓮寺店のみ再開されたのでしょうか。

焼き菓子は数種販売、ショーケースに並んでいた生ケーキは以前のものとはずいぶんと違っていました。
いつも賑わっていた「ルカフェ・プチ・ガトー妙蓮寺店」、頑張って営業を続けていただきたいです。


2012年秋に閉店しました。
「ルカフェ・プチガトー 妙蓮寺店」
住所:横浜市港北区菊名1-4-2(東急東横線妙蓮寺駅徒歩1分)
電話:045-433-9830
営業時間:11時30分~23時(のようです…)
定休日:未確認
[PR]
by harapekorakko | 2010-05-17 23:37 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_011338.jpg今日は買物ついでに山下公園まで、海を見に行ってきました。

公園のベンチでのんびりしていると、詰襟を来た少年が地図を片手に何やら探しています。
どうも「赤い靴をはいた女の子」の像を探しているみたい…。声かけようかどうしようか迷っているうちに、少年は無事発見!足に怪我をしてるのに、自力でよくやった!


e0146912_0152069.jpgその少年の他にも、制服や私服の修学旅行の学生が、大勢山下公園を訪れていました。
今は修学旅行のシーズンなのですね。

君達が横浜で何かいい思い出ができますように…、はらぺこラッコおばさんは願っております。

山下公園の花壇は、お花がちょうど見頃に。特にバラが奇麗に咲いていました。

e0146912_022502.jpg「山下公園」:
住所 横浜市中区山下町地先
交通 みなとみらい線「元町・中華街」駅より徒歩1分

関連過去記事
「横浜散歩のおすすめスポット その2 【山下公園】」(2008.5.30掲載)
[PR]
by harapekorakko | 2010-05-15 00:31 | 横浜観光スポット、散歩等