菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0146912_1723153.jpg本日(2010年6月29日)、斉藤農園に野菜を買いに行ったら枝豆の販売が始まっていました!
採れたての枝豆を家に帰ったらすぐ茹でて、昼間からビール…(笑)。
菊名在住者ならではの、この季節の贅沢です。




e0146912_1725852.jpg販売する野菜の種類は初回よりだいぶ増え、一番人気のトマトの他、キュウリ、ナス、人参、長ネギ、大根、ズッキーニ、オクラ、玉ねぎ、赤玉ねぎ、ジャガイモ、紫蘇の苗、バジルの苗等。

本日は雨が降っていたからか、売り切れになっている野菜が少なく、欲しい野菜をあれこれ手に入れることができ、はらぺこラッコは大満足。
斉藤農園でお買い物するなら、平日の雨の日は狙い目です!

尚、天候不順のために例年よりトマトの収穫量が少ないとのことです。今後の販売の動向が気になりますね。

「斉藤農園」:
住所 横浜市港北区菊名3丁目9
販売日時 (6月上旬~8月中旬頃の)火・木・日曜日 7時~11時
※斉藤農園に野菜を買いに行くときは、エコバック、スーパーのレジ袋等を持参すると、持ち帰る時に便利です。
最寄駅 東急東横線 菊名駅、妙蓮寺


[PR]
by harapekorakko | 2010-06-29 17:35 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_21341578.jpg昨年(2009年)の11月に、菊名駅西口にオープンした「インド・ネパール料理 トルシー」。
開店当時からチェックはしていましたが、ずっと行きそびれてました。このところの暑さを辛い料理ですっきりさせたくなり、先日友人とランチタイムに行ってきました!

菊名駅西口から東横線の線路に沿って大倉山方面にむかって3分ほど歩くと、車両が入れない路地が右手にあります。
そこに入って左手数軒目、オレンジ色の看板を目印にするとお店を探す時にわかりやすいです。



e0146912_21473635.jpg店の前にはメニューが掲載してあるので、お値段をチェックした上で入店できるから安心!
店内はカウンターとテーブルが3つのこじんまりした広さ。家具はシンプルで小奇麗。清掃がゆきとどいており、居心地が良いお店です。

はらぺこラッコはランチメニューのCセット(920円)をオーダー。シーフード、バターチキン、キーマ、マトン、チキン、野菜の中から2種類のカレーが選べ、それにナン、サフランライス、サラダがつきます。
私はマトンと野菜、友人はシーフードとバターチキンをセレクト。辛さは好みで加減してくれます。



e0146912_21491059.jpgしばらくエスニック料理を食べていなかったので、友人と楽しみだね~とおしゃべりしながら待つことしばし…。焼きたてのナンと共にカレー、小盛りのサフランライスがのったお皿が運ばれてきました。
カレー4種はそれぞれに個性があり、美味。はらぺこラッコは4種の中ではマトンが一番気に入りましたが、友人はクリーミーなシーフードが美味しかったとのこと。
ナンは熱々で運ばれ、生地が薄い部分はパリパリした触感で香ばしいかったです。

この日は厨房にいるネパール人の男性シェフと、サービス担当の(ネパール人らしき)女性の2人で営業。コップのお水は、空になる前にこまめに注がれ、好感の持てるサービスでした。
お子様カレーセット(680円)もあるので、家族連れでの利用も可能かな…。テイクアウトもOKとのこと。

「インド・ネパール料理 トルシー」:
住所 横浜市港北区大豆戸町210-22
電話 045-401-0569
営業 11:00~15:00、17:00~22:30
定休日 無し
[PR]
by harapekorakko | 2010-06-28 22:02 | レストラン、飲食店(横浜)
e0146912_1632622.jpg暑くなってきましたね!ビールが美味しい季節になりました(笑)。
なので昨日、主人と恵比寿にある「ヱビスビール記念館」に行ってきました!

以前はビール工場のあった恵比寿ガーデンプレイスに、今年の2月にオープンした「ヱビスビール記念館」。
サッポロビールがヱビスビール生誕120年の節目に、“ビールの本当の楽しさをお客様に広く伝えるため”にと、この館をオープンさせました。日本国内では珍しい、単独商品のブランドを冠した記念施設です。

中に入るとすぐ右手には、ヱビスビール缶でできたまばゆいオブジェ。オブジェの上にはエビス様がいて、釣り糸をたれています。

e0146912_1662618.jpg奥に進むと階段の中央の踊り場にどどーんとエビス様!カーペットだけどインパクトあります。
その奥では1987年まで使用されていた仕込釜が銅色に輝き、テレビセットのようなゴージャスな施設が!


e0146912_1693812.jpg初めてなので、「ヱビスツアー」に参加することにしました。
このツアーは、ヱビスのエキスパート「ブランドコミュニケーター」による試飲付きプレゼンテーション(料金:大人500円)で、ヱビスの120年分のとっておきの秘話やおいしく飲むコツ等を伝授するというもの。

ツアー参加者が集まるツアーラウンジは、ライティングが洒落ていて、なかなか素敵な空間でした。






e0146912_16211569.jpg私達夫婦の他に出張族のサラリーマンらしき男性3名で、ツアーがスタート。

まずはブランドコミュニケーターの案内で、ヱビスギャラリーでヱビスの歴史を学びます。
写真のボトルはヱビスビール第1号のボトル。

ビールに関するクイズ等をまじえながら、ツアーは楽しく進行。







e0146912_16363549.jpg次はコミュニケーションステージへ。
楽しみにしていた試飲です(笑)!
まず最初にヱビスビール、次に琥珀ヱビスをいただきました。
最高の環境と技術で注がれたビールはとても美味しい!

ブランドコミュニケーターさんが、缶ビールの美味しいつぎ方も伝授。缶から直接飲むのと味が全然違うと、実際に飲み比べた方が驚いていました。






e0146912_17201434.jpgツアー終了後はティスティングサロン(有料)で他のビールも味わってみました。
こちらも美味しかった!

「ヱビスビール記念館」は入館は無料で、ツアーに参加しなくてもエビスギャラリーを見たり、ティスティングサロンで有料でビール等を楽しむことができます。
近くを訪れた際に立ち寄ってみてはいかが?







e0146912_17231954.jpg


「ヱビスビール記念館」
住所 東京都渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内
電話 03-5423-7255
開館時間 11:00~19:00(ヱビスツアー最終回17:10、テイスティングサロン ラストオーダー 18:30)
休館日 月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)、年末年始
※施設保守のため臨時で休館日を設ける場合あり。
[PR]
by harapekorakko | 2010-06-17 17:37 | その他
e0146912_2071458.jpg斉藤農園の夏野菜の販売が、(2010年)6月13日より始まりました!

今年は冷え込んだ春に全国の農家が泣かされましたが、斉藤農園でも野菜の栽培開始をだいぶ遅らせたため、販売初日は例年より販売する野菜の種類は少なく、販売量も少なかったようです。
はらぺこラッコが訪れた時はトマトしか残っていませんでした(涙)。
斉藤農園のお嬢さんによると、これから種類も量も増えるので、お楽しみにとのこと。確かにこの1週間の野菜の成長はめざましく、いつものラインナップが揃うのはもうすぐかと思います。
(左の写真は現在成長中の枝豆。夏はこれでビールがはらぺこラッコ家の定番です!)


e0146912_20153567.jpg我が家では息子が早速、小さいトマトを丸かじり(笑)。息子は斉藤農園の野菜を離乳食の時からいただいております。おかげで野菜大好きっ子になりました。
甘みが強く、青臭さがかすかに感じられる美味しいトマト!この味で我が家は夏の訪れを実感します。
(右の写真はナス)


斉藤農園の昨年の掲載記事は下記のとおり(注:すべての記事ではありません)。尚、今年は気候の状態が例年とだいぶ違うので、作物の収穫時期もいつもとずいぶん違ってくると思います。ご留意の上、お読みくださいませ。
斎藤の農園の夏野菜の販売が始まりました! 【斎藤農園(2009年夏)】
斉藤農園の夏野菜販売状況 カブトムシも売ってるよ! 【斉藤農園(2009年夏)】
斉藤農園のトマト販売は終了(涙)!ナス、枝豆はあと1週間くらい 【斉藤農園(2009年夏)】
斉藤農園の枝豆が終了!ナス、きゅうりはしばらく販売 【斉藤農園(2009年夏)】
コンビニで斉藤農園のナスを販売中 【スリーエフ港北妙蓮寺店(2009年夏)】

「斉藤農園」:
住所 横浜市港北区菊名3丁目9
販売日時 (6月上旬~8月中旬頃の)火・木・日曜日 7時~11時
※斉藤農園に野菜を買いに行くときは、エコバック、スーパーのレジ袋等を持参すると、持ち帰る時に便利です。
最寄駅 東急東横線 菊名駅、妙蓮寺
[PR]
by harapekorakko | 2010-06-15 20:19 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
昨年、開港150周年を記念して、横浜市内の商店街で開催された「150円商店街」。
このブログでも、2009年12月に掲載しました。

開港151周年となる今年はどうなるのか注目しておりましたが、今年もやってくれますよ!
今年は「横浜Y.Y.150円商店街」(注:「Y.Y.」を「ワイ、ワイ!」と読むそうです。)と微妙に名称変更。これは「横浜ベイスターズの頭文字Yと同じく横浜F・マリノスの頭文字Yと150円商店街とのコラボ企画の総称」なのだそうです。

2010年6月12日・13日の2日間、このブログで度々登場している六角橋商店街が、鶴見区のつくの商店街と「150円商店街」でガチンコ対決!

e0146912_18104727.gif

両商店街を無料シャトルバスが運行し、どちらの商店街が楽しいか、お客様がその眼で確かめて、という趣向になっています。

ポスターもいつもとはずいぶん違う趣。両商店街では山形県特産品物産展や吹割温泉の足湯、和太鼓ショー等のイベントも開催。賑やかになりそうですね。

各店舗では昨年に引き続き、150円の商品の販売も行われるようです。
息子が大好きな実験キット屋「未来図鑑」でも、150円スピードくじをするそうで、空くじ無しの出血大サービス、特等は1500円から2000円相当の手作り望遠鏡や、学研の工作キットが当たるとのこと!息子よ、これは行かねば!(笑)

尚、大倉山商店街でも「横浜Y.Y.150円商店街」を開催!
「150円以上・3店舗でお買い上げで、先着500名まで大倉山はちみつをプレゼント」するそうです。詳細については、商店街のHPでご確認ください。
[PR]
by harapekorakko | 2010-06-10 18:43 | 横浜観光スポット、散歩等
6月2日の横浜開港記念日に、息子と一緒に「横浜開港祭」に行ってきました。イベント終了後で申し訳ありませんが、今回はそのご報告。

e0146912_206595.jpg今年29回目となった「横浜開港祭」。数週間前にHPをチェックしたら、事前申し込みのイベントがいくつかあり、「ローズ(観光船)横浜湾内クルーズ乗船会」に申し込んだら、見事当選!…やってみるものですね。

e0146912_2012618.jpg普段は隅田川遊覧で活躍している観光船ローズで、横浜湾内を1時間遊覧するというもので、息子と休日に(注:横浜市立の小・中学校は開港記念日の6月2日はお休みとなります。)デートするにはちょうどいいわ!と嬉々として参加しました(笑)。

早めに整列し、船の一番上のデッキの席を確保。360度の眺望で、なかなかの絶景です。
船は臨港パークのぷかり桟橋を出港し、大桟橋・山下公園・ベイブリッジをくぐり、本牧ふ頭・横浜港シンボルタワーのあるあたりでUターンし、ぷかり桟橋に戻るというルートで遊覧。

e0146912_2084914.jpg息子はシーバスには乗ったことはあるものの、ベイブリッジをくぐったことはありません。真下をくぐってみて、その大きさにあらためてびっくり。
















e0146912_20184756.jpg船を下りた後に息子に感想を聞くと、小学校の授業で習った巨大コンテナを扱う本牧埠頭の様子を実際に見れて、面白かったとのこと。
チャンスがあれば、今度は陸上で巨大コンテナを吊り上げる超巨大クレーンを息子と間近で見てみたいなぁ…。

遊覧後はワールドキッチンエリアで昼食。料理にはあまり期待してなかったのですが、いただいたパッタイ(タイの屋台焼きそば)、タイソーセージ等がとても美味しくて満足!
料理を購入した屋台は、東戸塚や横須賀にお店があるタイ料理屋「サワディ」の直営だったようです。他にも本格的な屋台専用者で営業してるエスニック店がいくつかあり、他のお店の料理もレベルが高かったのかも。

e0146912_20202163.jpg企業ブースエリアでは東神奈川の「岩井の胡麻油㈱」のブースを発見!
ここの胡麻油はとても美味しくて、はらぺこラッコのお気に入りなのです。横浜土産としてもお薦めなんですよ!














e0146912_20232448.jpg「横浜特選胡麻辣油(ラー油)」を味見させていただき、即我が家用に購入しました。
「岩井の胡麻油㈱」の商品は、東急ハンズ等でも取り扱ってますが、会社のHPでネット購入可能。
尚、ご近所の「山角」でも一部商品を販売しています。

この後、横浜市消防局の海難救助公開訓練や官公庁艇パレードを見て、楽しく過ごしました。






「第29回横浜開港祭」:
開催 2010年5月29日・30日、6月2日(横浜開港記念日)
[PR]
by harapekorakko | 2010-06-08 20:33 | 食材、惣菜、菓子等
前回から続いて、「白楽散歩 その2」です。

e0146912_1526525.jpgサリサリカレーでお食事した後(詳細については「白楽散歩 その1」を見てね!)、Yちゃんと帰りに寄ろうと話していた仲見世商店街へ。

六角橋の交差点のすぐ近くから、アーケードに覆われた仲見世商店街に入ると、人がすれ違うのがやっとの通路の両側に、様々なお店が所狭しと並び、まるで映画のセットのよう!
昭和30年代からの建物が多いそうで、昭和のノスタルジーが溢れています。
全国的な商店街の衰退に逆らわれず、後継者のいない店も多いため、シャッターが閉まったままのお店が増えてきてはいますが、昔ながらの総菜屋や履物屋の並びに、若者向けの雑貨屋、紅茶専門店等新たな商売を始める人もいて、ぶらぶら歩いているだけでも楽しい商店街です。

e0146912_15301522.jpgこの仲見世商店街にある喫茶店「珈琲文明」で、一休みすることに。はらぺこラッコは以前からこのお店で、サイフォンで淹れた珈琲を飲んでみたかったんです。
せっかくなのでカウンターの席に座り、マスターが珈琲を淹れる様子を間近で拝見することにしました。写真撮影も快諾していただいたので、激写(笑)。

マスターによるとサイフォンで淹れた珈琲は、豆の良いところも悪いところも全部抽出してしてしまうので、豆の質がより問われるとのこと。
はらぺこラッコは珈琲は得意ではないので、“飲みやすくさわやかな酸味”の仲見世ブレンドをオーダー。
Yちゃんの注文した“バランスの取れたコクとキレ”のロイヤルブレンドと比較すると、口あたりがよく飲みやすく、酸味がしっかりしてました。素人にも味の違いがはっきりわかるのは、サイフォンで淹れたから、なのかしら…。

e0146912_15352989.jpg店内は落ち着いた雰囲気で居心地が良く、のんびり珈琲を楽しむにはおすすめのお店です。
尚、この店の天井は、26分サイクルで茜色から星空に移り変わります。正直なところ友達と歓談していると天井の色はさほど気になりませんが、時々上を見上げながら一人コーヒーブレイクするのもよいかもしれません。









「珈琲文明」を出た後は、息子のために「未来図鑑」で新しく入った実験キットをチェック!
Yちゃんは商品のマリモを見て、わざわざ“生きてる”って書いてあるってことはお土産のマリモは“生きてない”ってことなの?!と素朴な疑問を店長にきいてました。
大抵はニセモノ、なんだそうです…。息子のお土産のマリモもたぶんニセモノなんだよ~。ごめんね、Yちゃん!
未来図鑑の過去の記事はコチラ

e0146912_1528723.jpg「珈琲文明」
住所 横浜市神奈川区六角橋1-9-2
電話 045-432-4185
営業時間 12時~22時
定休日 水曜※
※たまに定休日以外に休むこともあるようなので、お出かけの際はHPで休業日をチェックしてください。

白楽・妙蓮寺散歩に便利な、ほっこりMapはコチラ
[PR]
by harapekorakko | 2010-06-05 15:41 | レストラン、飲食店(横浜)