菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0146912_0264291.jpg最近安いだけではなく、美味しくて魅力あるメニューがある学生食堂が、雑誌やTV番組で頻繁に紹介されています。
東急東横線白楽駅から徒歩13分、神奈川大学の学生食堂もメディアによく登場する食堂の一つ。
運営する大学生協が地元農家と連携し、学生食堂のメニューに地場野菜を取り入れているとのこと。
一般人の利用も可能とのことでしたので、天気の良い日にサイクリングも兼ねて、ランチに行ってきました!

e0146912_028396.jpgいくつもの校舎が並ぶキャンパス内には、学生食堂が5つもあるそうです。そのうち大学生協が運営するレストランは3つ。
はらぺこラッコは地元野菜メニューを探して、キャンパス内をうろうろ。3つ目のレストラン入口で「横浜産キャベツ入荷しました!」の掲示をようやく発見!




e0146912_0284143.jpgキャベツ食べるぞ~、と学生さんに混じってトレーを持って、塩キャベツの他、さんまの梅干し煮、五穀米のご飯、みそ汁をチョイス。
渋い定食風メニューになりました(笑)。

キャベツは千切りのサラダもあったのですが、食感が良さそうだった塩キャベツに。
パリパリで甘みもあって美味しかったです。

3階のカフェは日替わりサンドイッチやスイーツが充実!メディアへの登場はこのカフェが一番多いようです。名物の「神大ソフト」、今度は食べてみたいな!


学生食堂は神大生のための施設なので、はらぺこラッコはピークタイムを避けて利用させていただきました。一般の方が利用される場合はご配慮をお願いいたします。

神奈川大学 横浜キャンパス」:
住所 横浜市神奈川区六角橋3-27-1
[PR]
by harapekorakko | 2011-05-27 00:33 | その他
今年は岡本太郎の生誕100年。美術館、書籍、テレビ番組等々で岡本太郎が大きくとりあげられています。
はらぺこラッコと息子は現在、岡本太郎に夢中!東京国立近代美術館の「生誕100年 岡本太郎展」(終了)をはじめ、岡本太郎のアートを見にあちこちにお出かけしております。

e0146912_16585720.jpg写真左は「生誕100年 岡本太郎展」の会期中に売っていた、ガチャガチャで手に入れたフィギュア(笑)。
なかなか良く出来ています。





e0146912_175436.jpg先日は川崎市の生田緑地にある川崎市岡本太郎美術館へ。
岡本太郎展で原型が展示されていた、高さ30メートルの「母の塔」がどどーんとお出迎え。

地面から湧き上がり、天への昇っていく生命のパワーを感じさせます。岡本太郎の作品の多くから感じる、ほとばしるような力強さが私は大好き。










e0146912_1782321.jpg展示を見終えると、太郎と太陽の塔と記念撮影できるコーナーが(笑)。













e0146912_17113111.jpg美術館を出た後、同じ生田緑地にある「生田緑地ばら苑」に。
このバラ苑は春と秋の限られた期間のみ公開されます。

今年(2011年)の春の公開は、5月19日~6月5日までのわずか16日間のみ!







e0146912_17144368.jpg美術館を出た時から降り出した雨は、バラ苑に着く頃には土砂降りに。

雨に濡れたバラも美しいです。






バラの種類によっては満開を迎えたものもありました。
苑の公式HPでは見頃情報を掲載してます。お気に入りのバラを見つけに、おでかけしてみてはいかが?


「川崎市岡本太郎美術館」
住所  川崎市多摩区枡形7-1-5
電話 044-900-9898
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は除く)
     祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)

「生田緑地ばら苑」
住所 生田川崎市多摩区長尾2丁目8番1号ほか
電話 公式HPでご確認ください
開苑期間 5月19日(木)~6月5日(日)の16日間
開苑時間 [火~金]10:00~16:30(最終入場16:00)
       [土日祝] 9:00~16:30(最終入場16:00)
休苑 月曜日(5月23日、30日)
[PR]
by harapekorakko | 2011-05-24 17:36 | 横浜観光スポット、散歩等
e0146912_1953640.jpg白楽の閑静な住宅地で、木・金・土曜のみ営業している紅茶専門店「白楽ティーハウス」
小さなお店ですが、お店の隅々までオーナーさんのセンスがゆきとどいてる、大変素敵なお店です。














e0146912_18593855.jpgオーナーの河野みづゑさんは日本紅茶協会の認定シニアティーインストラクターで、紅茶のプロ。
生産茶園まで限定した、河野さん厳選の茶葉が棚に並んでいます。今の時期は入荷したばかりのダージリン ファーストフラッシュ(新茶)がおすすめとのこと。


お店では紅茶の美味しい入れ方等について、質問すればとても丁寧におしえていただけます。
はらぺこラッコがずっと気になっていたある茶葉の疑問について聞いたところ、河野さんから明解なご回答をいただくことができ、すっきりしました。


e0146912_194891.jpg普段使いに適した使い勝手の良い茶器、モリス柄のティーコージー等、センスの良い品々も取り扱っています。








e0146912_1995311.jpgずっと探してたハーブドリンク「エルダーフラワー・コーディアル」を発見!
エルダーフラワーは欧州では何世紀も前から、風邪や花粉症、鼻炎に効くハーブとして知られており、「エルダーフラワー・コーディアル」はハーブのエルダーフラワーをシロップ漬けにしたものを抽出したエキスで、冷えた水や炭酸水で割って飲みます。
ハーブを使った食品は美味しいものは数少ないですが、これは息子も「美味しい!」と気に入って飲んでいます。ご近所で入手できるお店を見つけられて、よかった!

e0146912_19111085.jpgお店の2階ではティーセミナーも開催されているそうです。受講を検討していた6月の講座は、迷っているうちに満員になってしまいました。
河野さんが講師をする紅茶のセミナーについては、お店のHPで最新情報が掲載されます。関心のある方はこまめにHPをチェックしてくださいね。


お店の営業は木・金・土曜の11時~17時ですが、夏休み等で休業されることもあるそうです。お店にいらっしゃる場合は、営業予定についてHP等で事前にご確認をされることをおすすめします。

「白楽ティーハウス」
住所 横浜市港北区篠原西町2-8
電話 050-3311-8595
営業 木・金・土曜の11時~17時
   夏休み・冬休み有り
[PR]
by harapekorakko | 2011-05-19 19:19 | 食材、惣菜、菓子等
息子が中学に進学し、ようやく塾通いから開放されたので、ずっと前から見たかった「カフェ sa-莢-ya」での落語会に家族で行ってきました!(2011年4月の公演です。)

e0146912_15524026.jpg「カフェ sa-莢-ya」では、2009年の4月から三遊亭亜郎さんの独演会を不定期に実施しています。







この三遊亭亜郎さん、劇団四季でミュージカル俳優として10年間活躍した後落語界に転身した、異色の落語家!ミュージカル落語にも取り組んでいらっしゃるそうで、歌って踊れる、落語界のニューウェーブ、なのです。

e0146912_1622419.jpgこの日のネタは、まずは古典落語の「悋気の独楽」「反対俥」、中入り後に「ありがとうが世界を変える絆39」の落語バージョン。
後半は新作落語…というか一人芝居、という感じかな…。中入りでお隣の常連さんが「亜郎さんの落語はほろっとするところがあっていいのよね~。」とおっしゃってました。
確かに、哀愁さえ感じる場面も…。でも落語なので、基本は“笑い”です。

30名のお客様のうち幼稚園児から高校生までの子供が5名もいたので、子供にウケるネタをまじえつつ、時には座布団の上で半回転して(!)、三遊亭亜郎さん頑張ってました!

「カフェ sa-莢-ya」では今後も三遊亭亜郎さんの独演会を開催する予定とのこと。
はらぺこラッコとしては、今度は江戸情緒たっぷりの古典落語の長ーい演目の亜郎さんが見てみたいと思いましたが、常連さんいかがでしょうか?

落語会開催が妙蓮寺界隈でブームになっているのでしょうか?2011年5月14日(土)に「アーク・クワナ」のカフェスペースでも開催されるそうです!
真打の落語家の独演会で開演18時、チケットはワンドリンク付で1500円。カフェスペースは広くはないようですので、事前にチケットを購入されることをおすすめします!


三遊亭亜郎さんには事前に許可をいただいた上で撮影、ブログ掲載をしております。亜郎さん、ありがとうございました!
[PR]
by harapekorakko | 2011-05-12 16:15 | 菊名、妙蓮寺界隈 地域情報
e0146912_1621452.jpgずっと会えずにいた友人から、「今、都立大学にいるからお茶しない?」と突然電話。
びっくりしたけど「とにかく会おう」と自由が丘で待ち合わせをし、以前から行ってみたかった「カフェohanaya」に。












e0146912_1642829.jpg店に入ったのが16時を過ぎていたので、気分はお茶じゃないなぁ…と軽く飲むことにしました(笑)。
私は微発泡のオーガニックワインと野菜の盛り合わせ(だったと思う…)をオーダー。















e0146912_1683195.jpg久々の再会がとてもうれしくて、ほろ酔いも手伝って話が弾みました。
ちょっと迷惑なお客様だったかも…(苦笑)。
「カフェohanaya」さん、ごめんなさい。






e0146912_16122100.jpgどのお料理も美味しかったのですが、特に野菜は素材の美味しさをいかしつつ、すべき調理はきちんとなされていて大変好感を持ちました。オーガニックワインも美味!

右の写真は友人のオーダーしたデザート。友人いわく、味、ボリューム共に満足したそうです。










e0146912_16141760.jpg「カフェohanaya」:
住所 東京都目黒区自由が丘2-14-20
   yumenoparadise2 2階
営業
 ランチタイム   11:30〜16:00(15:00ラストオーダー)
 ディナータイム 18:00〜22:30(21:30ラストオーダー) 
 月曜日はランチ営業のみ
定休日 水曜、第3火曜
[PR]
by harapekorakko | 2011-05-11 16:17 | レストラン、飲食店(東京)