菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

タグ:日本科学未来館 ( 3 ) タグの人気記事

今年のお正月、元旦は地元の菊名神社に初詣。
1月2日は家族でお台場の日本科学未来館に行ってきました。開館初日ならではイベント参加が目的ででした。

なんと館長の毛利衛さんと一緒に記念撮影が出来るんです!写真はとっても高い所から撮影するので、参加者はと~っても小さなサイズになってしまいますが(笑)、館のHPに数日間写真が掲載されるので、参加者はそこから画像をダウンロードできます。

初代日本人宇宙飛行士の毛利館長は、我が家の憧れの人!写真撮影前には館長の新年のご挨拶がありました。

e0146912_178755.jpg

日本科学未来館は日本を訪れた海外旅行者に、クールジャパンを体感できる場所として高く評価されているとのこと。東京オリンピックでは館の近くに沢山の競技場が出現します。多くの外国の方々に日本の科学技術ついて、もっともっと知っていただくチャンスです!

資源を持たない日本は、これからも技術力で海外と勝負していくしかありません。日本科学未来館は最先端の日本の技術を紹介すると共に、展示をじっくり見ると最先端の技術がもたらすメリット、デメリットについても知ることができます。

解説を読むのがめんどくさい方は、館のサイエンスコミュニケーターさんやボランティアさんに声をかけてみてください。難しいこともとてもわかりやすく解説してくれますよ!
日本科学未来館の「科学コミュニケーターブログ」では、サイエンスコミュニケーターが話題の発見や先端技術についてタイムリーに解説しています。STAP細胞も早速登場し、わかりやすい解説で大変勉強になりました。

e0146912_17554990.jpg

上の写真は2013年に開催されたイベントの様子。アシモがホンダの技術について解説してくれました。
アシモは小学生高学年くらいのサイズ。とてもかわいらしかったです!


関連記事:
「KURATUSに乗りました!」(2013.1.2)
「夜のジオコスモスはとても綺麗!」(2013.1.21)
[PR]
by harapekorakko | 2014-01-15 16:46 | 博物館、未来技術
毎月最終土曜日に特別夜間開館をしている日本科学未来館

先月の夜間開館に行ってみたら、夜の闇に映えるジオコスモスがとても綺麗でした。
e0146912_016229.jpg


今月の夜間特別開館(2013年1月26日)は、「大人のナイトミュージアム」を開催!

最先端の観測結果やシミュレーションから導き出された「宇宙」を、地球を飛び出して宇宙の果てまで3D映像で旅をする「4D2U ~spacewalk~」を大人の方に向けた特別バージョンに。通常は子ども向けで人気を博している実験教室を、大人向けに特別開催する等、大人にはうれしい企画が複数用意されているようです。

夜間になると、館内はいつもと違う雰囲気に。デートにいいですね!
e0146912_0225227.jpg

なによりゆっくり落ち着いて展示を楽しめるので、博物館好きの大人にはおすすめです!

日本科学未来館
住所 東京都江東区青海2-3-6
電話 03-3570-9151(代表)
営業 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
   ※毎月最終土曜日は21:00まで
定休 火曜日(※一部例外あり。HPで確認を。)
[PR]
by harapekorakko | 2013-01-21 00:28 | 博物館、未来技術
先月、高倍率の抽選を突破し、ある乗り物に試乗してきました。

それは「KURATAS(クラタス)」

e0146912_1359858.jpg


ガンダムのモビルスーツを彷彿させるボディ、かっこいいです!

日本科学未来館からのイベントのお知らせ通知を見て、即申込み。
高倍率を突破し、夫婦で試乗してきました。期末テスト中の息子は家で留守番。


試乗会はガンダム世代と思われる多くの方々がいらして、大盛り上がり。
試乗者は最前列で自分の番がくるまで椅子にすわって待っているのですが、後ろのギャラリーの視線と熱気がものすごい…。

一番目の試乗者は「うおお~」という大きな歓声とともにコクピットに。
e0146912_14221545.jpg

写真左で下から試乗者を見上げているのは、KURATASを開発した水道橋重工の倉田さんです。

試乗かなわず涙を呑んだ方々のために、コクピット内の写真を公開します!
コクピットの位置より屋外モニターのカメラの位置が低いので、思っていた以上に試乗待ちの方やギャラリーの方々のお顔がはっきり見えました。
e0146912_14201248.jpg


乗り降りの邪魔になるので、両足の間にあるはずの操縦桿は取り外されてました。ちょっと残念。
動かせなくても操縦桿に触りたかったな。

後ろ姿もなかなかかっこいいです。
e0146912_14282059.jpg


ちなみに1億円で購入可能です。
「KURATAS」は公道では運転できないと思うので、動かすための広い敷地と保管するための大きな倉庫も必要ですね。

「KURATAS」を作った倉田さんのお話が下記HPに掲載されてます。ご参照ください。
ヤフーニュース
[PR]
by harapekorakko | 2013-01-02 14:33 | 博物館、未来技術