菊名・妙蓮寺の地域情報、東横沿線の美味しいお店等を掲載


by はらぺこラッコ

タグ:full courseフルコース 食と現代美術part6 ( 1 ) タグの人気記事

「食と現代美術」展を初回から鑑賞・体験してきた、はらぺこラッコ家。今回は六回目となり、“観客が作家のつくったレストラン(空間)の各メニュー(7種類程度)を飲食しながら、街を巡っていく”というユニークなイベントとなっております。

e0146912_2345418.jpgはらぺこラッコ家は週末に家族で参加!BankART Pub→BankART Front →本町実験ギャラリー→ぴおシティ(飲食はなし)→野毛地区飲食街(鯨横丁)→BankARTかもめ荘→初黄・日ノ出地区(一般住宅)→BankART桜荘、と2、3キロくらいの行程を歩きます。
息子いわく「食べても歩くから、すぐにお腹空いちゃう(笑)!」。

BankART Frontでは電撃料理人、木村崇人さんがウィンナーを電撃調理。フライパンとか調理道具を使わず、電気の力を食材に直接伝える料理法は究極のエコだと思いますよ、なんて説明しながらウィンナーを通電してました(笑)。
食と現代美術には何度も参加されてるアーティストですが、じっくりお話できたのは今回がはじめて。彼がフルコースを調理する様子を撮ったDVDが販売されたばかり!関心のある方は、ご覧になってみてはいかが。

野毛地区ではくじを引いて、鯨料理を食べる運命の店を占います。
横浜屈指の飲食街である野毛地区。昔の活気を取り戻そうと、30店舗がオリジナルの鯨料理を提供する「野毛くじら横丁」が昨年よりスタートしており、その中から10数店が参加。食事と鯨をかけて、このイベント名は「野毛おしょくじら」(笑)。三宅航太郎さんがしかけるプロジェクトです。
ちなみに三宅さんは占い師のように野毛の街角に佇み、この寒空の下で参加者がくじを引きに来るのを待っています。

e0146912_2373858.jpgはらぺこラッコ家はお好み焼き屋「みかさ」のくじを息子がひき、お好み焼き屋で一体どんな鯨料理があるんだぁ~?!とドキドキしながらお店へ。
「みかさ」はお好み焼きがとても美味しいお店で、はらぺこラッコは10年くらい前まで会社の同僚とよく行きました。飲んだ後、締めにこの店のオリジナル「みかさ焼き」を食べるのが楽しみでした。久々の再会、うれしいな!

お店の玄関には大きな提灯、落ち着ける店内の雰囲気は昔と変わりありません。でてきた鯨料理は生でも食べれる鯨の刺身を鉄板で軽く焼いて(片面3秒!)、しょうが醤油で食べる、というもの。自分で焼き加減が調節できる、くじらのたたきですね。美味しくいただきました!
ちなみに他のお店で食べた参加者は、鯨の竜田揚げだったそうです。店によってずいぶんメニューが違うようです。

e0146912_231254.jpg次のBankARTかもめ荘で妻有産のご飯をいただけると楽しみにしていたら、パックに入ったご飯を渡され、次の個人宅でおかずが出されるので一緒に食べてくださいね、とのこと。息子は「お腹減ったよ~」と係のお兄さんに一言(笑)。
かもめ荘では松田直樹氏の米粒を使ったアート作品が展示されてます。写真は米粒のソファーカバーのアップ。壮観でした!
ちなみに入口のドアの内側も全面米粒がはりつけられてました。







e0146912_23173553.jpgさぁおかずが待っているぞ、と初黄・日の出エリアに。私達が案内されたのは、インテリア・リフォーム工事会社のショールーム兼営業所。
すでに食事中の他の参加者と相席で、お店のおかみさんが作った家庭料理をいただきました。

え、何で一般家庭でお食事するの?って。これは池田光宏さんのプロジェクト、芸術活動なのです!
いただいたパンフレットのタイトルは「のれんのむこうがわ」。
日ノ出町や黄金町は「ディープなエリア」という印象が強かったのですが、日ノ出町を過ぎると表通りは普通の商店街。お世話になったおかみさんのお宅も、お孫さんも同居する明るく賑やかなお宅でした。

e0146912_23195414.jpgおかずに海藻が多く使われていたので聞いてみたら、おかみさんは気仙沼出身だそうで、ご実家から海藻をいろいろ取り寄せて、普段のおかずに当たり前に使っているのだそうです。
この日のメニューには、茎わかめの和え物、昆布の煮物がありました。息子も私も海藻は大好きなので、喜んでいただきました!
息子と2歳違いのお孫さんの話等で盛り上がり、楽しく過ごした後、最後のBankART桜荘へ。パンフによると桜餅と桜酒が出るらしい…。はらぺこラッコは桜餅大好き!

e0146912_2358597.jpgBankART桜荘では発泡ウレタンが飾られた茶室(開発好明氏の作品)にあがり、最中と抹茶をいただきました。(桜餅じゃなかった…。ぐすん。)
お座布団まで発泡ウレタン。これがなかなか座り心地が良くて、家でも試してみたくなりました(笑)。

面白かったね!美味しかったね!と話しながら、帰路についたはらぺこラッコ家でありました。








「full courseフルコース 食と現代美術part6」
会期 2010年3月19日(金)~3月31日(水)
時間 11時30分~14時 17時~20時30分 
会場 BankART Studio NYKからスタートして他6施設を巡る
参加費(チケット代) 1500円(お一人様)
※原則2名から 予約制 50名限定/日
  
[PR]
by harapekorakko | 2010-03-30 23:44 | アート、ギャラリー